福岡県の10万円給付金のオンライン申請はいつまで?期間や申請用サイトは?

10万円給付金はオンラインが便利だけど条件は?

 

国民に一律給付される10万円の申請が徐々に始まっています。

 

給付金を受け取るためには自己申告する必要がありますが、現段階では郵送された書類に必要事項を記入する方法と、オンラインの申請と2種類の申請方法があるようです。

 

ただ、いち早く給付金を受け取った方もいれば、まだまだ給付を受け取れない方も多くいらっしゃいます。

 

この記事では10万円の給付金をオンラインでの申請を検討している方に、オンライ申請はいつから始まるのか?

オンライン申請の条件などをまとめていきます。

 

ネットでの申請は何かと不安がありますし詐偽に遭わないように、公式のサイトで申請をしたいし、マイナンバーカードが条件のようなのでマイナンバーカードの申請用のサイトも合わせてお伝えしていきます。

 

 

スポンサーリンク

10万円給付金のオンライン申請の条件とは?

 

全国民一律の10万円給付金の申請が始まっていますが、都道府県や市町村によっては申請用の書類がまだ届いていない地域も多いのが現状です。

そのため10万円給付金をオンラインで申請を検討している方も多く、役所の窓口はオンライン申請の相談でかなり混雑しているというニュースが入っています。

今までオンラインやネットに疎い方にとってはかなり大変な労力を使う作業になりますが、現金給付は自己申告しなければもらえないものですので、一日も早く申請しておくことが必要になります。

 

10万円給付金を受け取るためのオンライン申請は「マイナンバーカード」が必須となります。

しかも給付金を申請するのは市区町村ですので、オンライン申請が対象外の地域もありますので市町村に確認してください。

5月1日からオンライン申請の受付が始まっていますが、実際オンライン申請が始まった2020年5月1日の時点では、オンライン申請ができる市区町村は679でした。

 

まだ半分以上の地域ではオンライン申請も始まっていない状況ですが、徐々に広まるので自分の地域の情報をチェックしていきましょう。

いずれにしてもオンライン申請をしても、しなくても「郵送で送られてくる書類」は全員に届くと言われています。

早めに申請を済ませたい方はオンライン申請が便利かもしれません。

人混みに入らなくても申請が出来るというメリットがあります。

オンライン申請に必要なものは「パソコン」と「スマホ」が必要です。

 

 

ここまでのまとめ

・オンライン申請の開始は5月1日から

・地区町村によってはオンライン申請が出来ない場所もある

・オンライン申請の期限は8月ごろまで

・オンライン申請出来なくても書類が送られてくる

 

 

スポンサーリンク

オンライン申請でいつごろ現金が振り込まれる?

 

オンライン申請をしてからどのくらい現金が給付されるのかについてまとめていきます。

早い地域ではすでに現金を手渡しでもらっている地域もあるようですが、早急に給付をもらえる地域は比較的人口が少ない地域に多いようです。

つまり人口が多い地域は必然的に給付をもらうまでの時間が必要になるようですね。

東京を始め大阪、福岡などは人口が多く給付金を段階的に給付するようですが、詳しい情報は政府のサイトにも公表されていませんので、申請をして遅くても2ヶ月くらいは待たされるかもしれません。

特に人口が多い東京は給付金の申請から給付まで最大3ヶ月以上も期間がかかる地域もあるようです。

オンライン申請にしても書類申請にしても職員がチェックして給付を間違わないように確認作業が必要になりますのでその分の期間が必要になるようです。

 

 

ここまでのまとめ

・申請から給付まで地域によっては最大2,3ヶ月間は必要

・市区町村によって人口の多さによってはずれ込む可能性が高い

・オンライン申請だとしても給付が早くなるとは言い切れない

 

 

 

マイナンバーカードは申請からどのくらいで届く?

 

10万円給付金をオンラインで申請するための条件としては「マイナンバーカード」が必要です。

マイナンバーカードは作成しなければ手元にありませんし、紙状のものに番号が記載されているのはマイナンバーで、マイナンバーカードではありませんので注意が必要です。

ほぼ1割の国民しか所持していないと言われているマイナンバーカードですので、今回の10万円給付金をオンラインで申請するためにかなりの方がカードを作成するかもしれませんね。

マイナンバーカードの作り方はこちらの公式サイトで申請することが出来ます。
https://www.kojinbango-card.go.jp/

申請からカードが届くまでの期間はおよそ3から4週間と言われています。
書類の不備がない場合はスムーズにカードが作成されますが、それ以上の期間がかかるかもしれないですね。

 

スポンサーリンク

10万円給付金のオンライン申請用のサイトは詐偽に注意!

 

10万円の給付金をオンライン申請するには公式サイト「ぴったりサービス」で申込みが出来ます。

5月1日から順次、対象市町村に申し込みが出来るようですが、給付金の詐偽が増えているなかで、注意が必要です。

詐欺被害にあわないためには以下のことに注意していきましょう。

 

・市町村から連絡は来ない

・病院などからも連絡は来ない

・怪しい書類や聞いたことのない社名は生活相談センターへ問い合わせる

 

以上のことに注意して詐欺被害を撲滅しましょう。

オンライン申請が不安な方は送付されてくる、申請用書類に記入をして申請をすることも検討してみてください。

 

 

10万円給付金のオンライン申請の情報の補足とまとめ!

 

この記事では10万円給付金のオンライン申請についてまとめていきました。

5月1日から始まったオンライン申請は対応している市町村と受け付けていない市町村もありますので確認が必要です。

基本的にオンライン申請には「マイナンバーカード」が必要ですので、もし必要ならば「ぴったりサービス」でマイナンバーカードを申請するようにしましょう。

詐偽には注意が必要です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です