青森県の小学生と中学生の休校はいつまで?再開の基準や預け先は?

青森県内の小学校・中学校はいつまで休校?

 

コロナウイルスの影響で県内の小中高学校の休校が決定しました。

休校の開始される日程は市町村や各学校によって判断が違うようですが、いずれにしても3月2日から順次休校措置が取られていくようですね。

 

ただ、休校の期間がどのくらいになるのかについては、とりあえずの日程として発表されていますが具体的なことは判断が難しいとされています。

 

そこで、休校の期間はいつまでなのかの情報をまとめていきます。

更に低学年のお子さんを持つ親御さんにとっては仕事に行けなくなるという問題もありますので、子供の預け先としてどういう場所があるのかも合わせてお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

青森県の小学生と中学生の休校はいつまで?再開の基準や預け先は?

この記事でお伝えする内容は

・コロナウイルスの影響で学校が休校!いつまで

・県内の学校の休校期間は?

・春休みはどうなる?

・低学年のお子さんの預け場所は?

以上の内容でお伝えします。

 

コロナウイルスが感染拡大で子供が心配だけど?

 

全国的にコロナウイルスの感染を抑えるために、学校の一斉休校が始まります。

青森県でも例外ではなく、明日の3月2日から開始されることが予想されます。

 

コロナウイルスの感染の不安もありますが、それよりも小さなお子さんを持つ親御さんにとっては、子供を一人で家においておけないし、誰も頼る親族がいない場合は途方にくれてしまう問題ですよね。

実際コロナウイルスなんてどうでもいいから、働ける環境を作って欲しいというのが切実な願いだと思います。

 

お子さんを預けられる場所としては記事の後半でお伝えしていきますが、この状況がいつになったらもとに戻るのかそればかりが問題になりますよね。

 

マスクも足りない、感染が東北まで迫ってきた、職場でも対応に迫られてきている本当にパニックになりそうですが、気持ちをしっかりと持って対応していくしか有りません。

 

早くこの一難が去ってほしいものです。

それではまず、各市町村で学校の休校期間についてまとめていきます。

 

スポンサーリンク

青森県の小中学校の休校の期間や基準は?

 

学校が休校になって一番苦労するのが親です。

外出もできない家にこもりっぱなしでストレスを感じてしまい、いざこざも増えることが予想されます。

そういう意味では、この期間中はかなり大変な機関になりそうですね。

 

青森県内の小中学校の対応としては、3月2日から春休みまでという期間で休校をする予定です。

春休みまでという抽象的な言葉で表現していますが、期間が長い市町村では3月26日まで休校する学校も有りました。

 

市町村や各学校にも判断基準が変わりますが、感染を防ぐための対応策として発表されています。

 

ただ、今回発表された休校期間はコロナウイルスの感染が拡大しないということが前提条件になります。
もし休校期間が明ける頃でも感染が拡大しているのならば、休校期間の延長も考えられます。

 

つまり、現段階では延長する可能性もあるということです。

万が一感染拡大が早い段階で縮小された場合は逆に短縮になる可能性もありますが、いずれにしても感染者数の広がりがどの程度で抑えられるのかが鍵になりますね。

 

低学年の預け先はどこになる?

 

コロナの影響で休校になったことで、問題になるのは小さなお子さんを持つ親御さんです。

実際親戚や両親がいるのならば、多少迷惑をかけても身内ということで安心して預けられるのですが、シングルマザーとして働いている方は、会社を休まなければいけないリスクもあるし、会社の職員に迷惑をかけてしまうという後ろめたさで休みづらくなることはこの段階で見えていますよね。

 

ただこういう状況になってしまった以上、割り切って考えるしか有りません。

 

お子さんを優先するか、仕事を優先するかと天秤にかけても答えはでないし、どちらも大事です。

お子さんを自宅で見るのなら休みをもらうなどの処置をすること、会社を休んで生活費の問題もありますが、国の補助などを問い合わせてみるなど対応してみましょう。

 

その他にも低学年の方を預かってくれる場所を探すことも検討します。

青森県内には「学童保育」のような施設はあります。

 

今回の感染問題で学童保育も間口を広げている状態ですのでいくらか融通が効く可能性もあります。

青森県内では学童保育という名称ではなく「放課後児童健全育成事業」や「放課後児童会」という名称になっています。

 

各市町村で呼び方が違いますが「学童保育」といえば全国共通でわかりますのでわからない場合は役所などに問い合わせてみましょう。

各市町村の学童保育のHPでも情報を公開しているところがありますのでチェックしてみましょう。

あらゆる選択肢を出して最良の決断をしていきましょう。
とりあえず情報を集めることが大事です。

 

コロナウイルスでの休校の補足情報とまとめ!

 

この記事では、小中学校の休校で期間についてまとめていきました。

更に学童保育など低学年のお子さんを預かってくれる場所などの情報も合わせてお伝えしていきました。

学童保育の年齢は今までは小4までと定められていて最近小6までと広がるようです。
ただ、今回のような緊急時ではある程度融通を利かせてもらえる可能性もありますので各市町村に問い合わせて見てください。

料金なども心配されるかもしれませんが、通常は月額4000円ほどですがこの状況ですから国の負担も考えられますが、正確な情報は問い合わせて見ることをおすすめします。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です