ダイエットの運動で毎日続くのはどれ?効果の高い筋トレはスクワットはなぜ?

どか食いしても太らない方法ってあるんでしょうか?

 

ダイエットは人間にとって永遠のテーマですよね。

食べることが大好きで、どうしてもどか食いをしてしまうという方は、もしかしたらこの記事がお役に立てるかもしれませんね。

 

今日くらいはいいだろうと「どか食い」をしてしまう場面はよくあることです。

ストレスを軽減させるために食べ物を食べることで解消される方も多いです。

 

そこでこの記事では、どか食いをしても痩せることができる体つくりを目指していくためのヒントをまとめていきますね。

基本的には運動なしでもダイエットはできるのですが、なぜ運動が必要なのかその理由も合わせてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

どか食いしても太らない体を作るには?

 

結構矛盾をしている事を話しているのは承知の上です。

ダイエットしているのにどか食いが許されるというのは基本的にはありえないことですからね。

 

ただ、この記事を読み終わる頃にはなるほどと腑に落ちる部分もあるかもしれません。

 

基本的にはダイエットが成功している人の特徴をまとめてみると、食べる量よりも動いてカロリーを消費する量の方が多いから痩せることができるという方程式があります。

 

この方程式は今後も変わることはありません。

 

ですので毎日どか食いをするのは常識的ではありません。

確実に太る習慣を実践している方は、今後も太り続けてしまうし、痩せる習慣を身に着けている方は、理想の体型をキープし続けて行くでしょう。

 

今後体型をスリムにしたいと考えている方は以下の2つの選択肢を選ぶ必要があります。

 

・運動をして消費カロリーを増やす

・食べ物でカロリーを調整する

 

以上の選択肢の一つを選ぶことが理想の体型を作る第一歩になります。

 

ただ、たまにどか食いをすることが許される体型を作るには筋肉量が関係してきます。

 

体の臓器で筋肉が一番カロリーを消費してくれます。

基礎代謝と呼ばれるものですが、私達は息をしていてもカロリーが消費されると言われています。

 

心臓や、肺、脳みそや体中の臓器が活動するためにはカロリーが必要になります。

その中でも群を抜いて消費カロリーが多いのが筋肉と言われているですね。

 

つまりは、普段からできる筋トレを続けることで、消費カロリーが増えてくれるので、コツコツ筋肉貯金をすることで、急に襲ってくるドガ食いの欲求にも対応できることができるということです。

 

それではなぜ筋肉が大量にカロリーを消費してくれるのか実際の例を見ていきましょう。

スポンサーリンク

太ったマラソン選手がいない理由!

 

アスリートの食生活を見ていくと、ドガ食いをしても太らないという科学的な根拠がわかりますよね。

 

よくテレビで放送されるアスリートの合宿風景をご覧になった方も多いはずです。

山盛りのご飯にハイカロリーなおかずをバクバク食べている様子を見たことがある方はここで疑問に思うかと思います。

 

なぜ、成人男性の1日分のカロリーを一食で摂取しているのに太らないのか?

 

その理由は消費カロリーが物凄い量だからです。

 

あれ程の大量の食事を摂取しているにも関わらず、腹筋はシックスパックでお腹も全く出ていません。

 

その代表的な理想の体型は「マラソン選手」がいい例ですよね。

あれほどスリムな体型なのに、合宿などでは大量のカロリーを食べています。

 

太ったマラソン選手がいない理由としてはその分大量の消費をしているということになります。

 

よく現役の選手が引退すると体型が大きく変わってしまう方がいます。

そういう方々は現役時代の食生活が変えられず、更に運動をする習慣がなくなってしまうからなんですよね。

 

最近衝撃を受けた、現役を引退されたプロ野球選手としては「亀山努」さんです。

現役時代は走攻守が揃う名選手でした。

 

最近テレビで見かけましたが、かなりふくよかな体型になっていたんです。

亀山努さんも現役時代の食生活が変わらず、更に運動量がかなり減ったことで、筋肉が落ちてしまって体重が増えてしまったという例になります。

 

でも私達はアスリートのような激しい運動をする理由がありません。

それでも筋肉を増やしたほうが理想の体型には近づけます。

 

そこでコツコツできる理想の筋トレをまとめていきます。

スポンサーリンク

毎日コツコツできる範囲で続けられる運動とは?

 

アスリートの様に毎日8時間くらい激しい筋トレを明日から続けようとしても無理があります。

 

私達にできるのは、毎日コツコツできるスキマ時間で出来る筋トレが一番理想的な運動です。

 

ダイエットのために、運動はあまり重要ではないとおっしゃる方もいますが、事実として単純に痩せるためには運動は必要は無いです。

 

 

ただ、どか食いをしても太らない体型を維持するという目標になると筋肉量は必要不可欠なものになります。

そこで毎日コツコツ筋肉貯金が出来る筋トレ方法としておすすめするのは「スクワット運動」です。

 

あの黒柳徹子さんもジャイアント馬場さんに教えてもらい毎日30回ほどスクワットを続けていることでも有名なスクワットは誰にでも簡単に出来て場所も選ばず、年齢も幅広い年代で実践できます。

 

しかも特殊な道具も必要ありませんので、今すぐ実践できる簡単で効果が高い筋トレです。

 

太ももの筋肉は人間の体で一番筋肉が詰まっている場所でもあり、高齢になると足腰が弱くなるので今からスクワットで鍛えておくとダイエット以外にも足元の老化を遅らせることにも役立ちます。

 

やり方は、単純です。

 

スクワットを30回歯磨きやお風呂で髪を洗うときにでもコツコツやっていくだけです。

出来る方は100回でも200回でもやってみてください。

 

短時間でやってもいいですがスキマ時間でコツコツやるほうが長続きします。

 

運動が続かない原因は体重を毎日チェックしているから!

 

運動が続かないという方も多いですよね。

私の個人的な持論としては、体重を追い求めてしまうと、結果的に目標体重だけがモチベーションになってしまうために、もし体重が減らなければ、やる気が持続しないという結果になります。

 

ですので、目標を設定するのはおすすめしません。

 

一番重要なのは、毎日コツコツ歯磨きをするのと同じくらいに、お風呂に入って体を洗うことと同じ様に生活の一部としての運動を続けるということが最大の目標です。

 

そのためには鏡で自分の裸を写してどの部分に脂肪がついているのか?

日々の体型チェックをすることが逆のモチベーションに繋がります。

 

まとめ

 

この記事ではどか食いをしても痩せるための体型づくりをまとめていきました。

 

筋トレを毎日習慣にすることで、たまにどか食いをしてもびくともしない代謝を手に入れることができます。

ここではスクワット運動をおすすめしましたが、基本的には毎日続けられるのであればどんな運動でもOKです。

 

 

スクワット運動のメリット

・筋肉量が多い太ももの代謝を上げることが出来る

・足腰の強化で転倒防止

・毎日の生活がちょっと楽になる

・睡眠中でもカロリーを大量に消費してくれる

・スキマ時間でコツコツ出来る手軽さ

 

 

一日休んだとしてもまた思い出して、スクワットを続けてみてください。

毎日の習慣になることで、どんどん代謝が促進していきます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です