学生支援緊急給付金の条件や手続方法は?期限や専門学生も対象?

コロナの影響で学費が払えない!学生対象の給付金はいつから?

 

コロナウイルスの感染拡大でバイトができなくなった学生は非常に多くいらっしゃいます。

 

特に親元を離れて、一人で頑張っている学生への影響は大きいです。

コロナの新規感染者が減少していますが、実際以前にようにバイトをして学費を稼げるのか不安が大きい状況が続きそうです。

 

困窮学生に向けた支援の「学生支援緊急給付金」に申し込みを検討されている方も多いと思います。

 

この記事では「学生支援緊急給付金」の受給対象者や条件、申請方法等についてまとめていきます。

 

更に、国のHPは複雑すぎて分かりづらいという方にできるだけわかりやすく、詳細をまとめていきます。

・学生支援緊急給付金の対象者は?

・学生支援緊急給付金の申請方法は?

・学生支援緊急給付金の申込期限はいつまで?

以上のことについてお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

学生支援緊急給付金の条件とは?

早速ですが、学生支援緊急給付金がもらえる条件についてまとめていきます。

 

文部科学省のHPを閲覧するとかなり面倒な条件がたくさんありました。

 

ざっくりといくらぐらい給付がもらえるのかその金額は、1人あたり10万円、住民税非課税世帯の学生には20万円を支給する情報にありました。

そして、その給付金をもらうためにはいくつかの条件があります。
学生支援緊急給付金に対象になる条件としては以下のものがあります。

 

(1)家庭からの仕送り額が年間150万円未満(授業料を含む)である
(2)原則として自宅外で生活している
(3)生活費・学費に占めるアルバイト収入の割合が高い
(4)家庭(両親のどちらか)の収入減少等により、家庭からの追加的支援が期待できない
(5)新型コロナの影響でアルバイト収入が大幅に減少している(前月比で50%以上減少)
(6)既存の支援制度を活用している(留学生を除く)

以上のような条件がありますが、記載されている項目に該当しないからといって諦めないでください。

例えば(2)の条件で「原則として自宅外で生活している」とありますが、自宅から通っている場合でも条件を満たせば給付を受けられる可能性もあります。

 

さらに一番解釈が難しいのは、(6)の「既存の支援制度を活用している」という条件です。

これは「修学支援新制度」というもので、有名なのは奨学金制度です。

 

国が運営しているものや民間のものでも利用していることが条件ということになりますが、現在利用していなくても見込みでも申請が出来るということなので、大学側に相談してみましょう。

 

以上の条件が当てはまっているからといって必ず給付を受けられるというわけではなくて、最終的な判断は大学側が下すというものがありますので、まず大学側に申請をしたほうが早いと思います。

 

すべての条件に当てはまるのですが、自分の状況を書面で報告する際は嘘はつかないのは必要です。

もし虚偽の報告をした場合は給付金を返金しなければいけないので注意が必要です。

 

 

スポンサーリンク

学生支援緊急給付金は専門学校は対象?

 

学生支援緊急給付金の給付を受け取りたいけど自分が通っている学校が対象になるのかどうかわからないという方に情報をまとめていきますね。

 

文部科学省のHPに記載されている学生支援緊急給付金の受け取れる対象の学校として以下のように記載されています。

 

大学・短期大学(専攻科、別科及び大学院を含む)、高等専門学校(第4・5学年及び専攻科に限る)、専門学校及び日本語教育機関が対象となります。

 

大学や短大はもちろん対象になりますが、高等専門学校と専門学校も対象になります。
さらに日本語教育機関(日本に留学している学生)も対象になるようですね。

 

いずれも給付を受け取るためには通っている学校に申請をする必要があるので、給付を希望する方はまずは学校側へ相談しましょう。

スポンサーリンク

学生支援緊急給付金の申請と期限は?

 

学生支援緊急給付金の申請の具体的な流れをまとめていきます。

基本的には大学側へ相談することで申請書や、誓約書などをいただけると思います。

 

ご自分で申請を勧めたいと考える方は、申請書や誓約書などは文部科学省のHPからダウンロードすることが出来ます。

申請書と誓約書を記入したら次に用意するのは以下の申請用書類です。

 

預貯金通帳の写し(任意)
アパート等の賃貸契約書の写し(自宅外生のみ)
新型コロナウイルス感染症対策に係る公的支援を受けている受給証明書等(提出可能な場合)
アルバイト先からの給与明細(減額前、減額後)(任意)
奨学生証又は住民税非課税証明書(提出可能な場合)
その他

以上のものは最低限必要なものであり、場合によっては必要がないものもありますので、いずれにしても大学側に相談してみることをおすすめします。

学生支援緊急給付金の申請期限は大学側に問い合わせる必要があります。
申請をするのは大学や学校側ですから、大学や学校によって申請期限が違います。

学校によってはLINEでの申請も取り入れているようですのでチェックしてみましょう。

 

 

申請からどのくらいで給付金が入る?

 

申請から給付金はどのくらいの期間で振り込まれるのかは、はっきりと情報がありませんでした。

 

情報によると、申請が始まるのは5月19日ぐらいからで、6月中旬には給付金をもらえるという事になっているようですが、現時点でははっきりとした情報は掲載されていません。

 

あくまでも目安として6月中旬としておきましょう。

 

今回の学生支援緊急給付金はすべての学生が申請をすればもらえるというわけではなく、給付がもらえる学生はかなり倍率が高いと思います。

そういう意味では、大学に通い続けるためにあらゆる公的サービスを使って卒業まで持っていく必要があります。

学生の方が今できることは
・アルバイト先に休業手当を申し込む
・法的サービスを調べる

以上のことが前に進むために必要なことです。

大学側にすべて丸投げするのではなくて、今できることを自分で調べてみるのも今後の勉強だと思って行動してみてください。

政治家の方が給付や公的サービスをコロナでバイトができなくなった学生に対して説明している動画もありましたので、ヒントにしてみてください。

 

 

 

学生支援緊急給付金の情報の補足とまとめ

 

この記事ではコロナ感染でバイトができなくなった学生に対しての「学生支援緊急給付金」の手続き方法や、期限などについてまとめていきました。

学生支援緊急給付金は、大学側が最終的に判断するというものですので、まずは大学側の情報を見逃さないようにしましょう。

学生支援緊急給付金はすべての人が受けられるわけではなく、かなり厳しい条件だということが世間で言われていますが、まずは申込みをして、行動を起こすことが重要です。

批判をしてもなにも始まりませんので、情報を集めて行動をするのみです。

頑張りましょう。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です