走ると脇腹が痛むのはなぜ?原因や解消法と予防方法はあるの?

マラソンやジョギングで脇腹が痛くなるのはなぜ?

 

急に走ると脇腹に激痛が走ることってありませんか?

主に運動をあまりされない方や、ジョギングを久しぶりに行う方に多い症状なのですが、その反面ジョギングを常にされている方でも、脇腹が痛くなることはあるようですね。

 

この記事では、ジョギングをする時に脇腹が痛む原因や、その解消法をお伝えしていきますね。

更に脇腹の痛みを予防する方法も合わせてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

走ると脇腹が痛い!原因は?

 

走り出した数分後に脇腹が痛む!

痛くて走り続けることが出来ないくらいのえぐるような痛みを感じた経験はありませんか?

 

個人的に、久しぶりにジョギングを始めた時によく起こる現象なのですが、なぜ脇腹が痛くなるんでしょうか?

この脇腹の痛みは何が原因で起こるのか?その理由を知ることで、無理なくジョギングを楽しむための知識として学んでいきたいと思います。

 

 

この記事の信頼度は?

この情報は、病院の先生に質問をした答えをこの記事にしています。

 

 

お医者さんの回答としては以下の通りの原因があるそうです。

 

 

脇腹の痛みの主な原因

・横隔膜の牽引痛
・腹腔内臓器の血流変化
・腹膜刺激症状
・筋肉の痙攣痛
・腸管ガス移動

 

 

以上のような原因が考えられるという回答をもらいました。

簡単に言うとお腹周辺で起こる「横隔膜」や「筋肉」「腸の状態」に関係して脇腹の痛みが起こるようですね。

 

ただ、右脇腹と左脇腹がどちらかが痛くなるという方もいるようですね。

なぜ同じ部分が反応を起こさないのでしょうか?

スポンサーリンク

右脇腹と左脇腹では痛みの原因が違う?

 

厳密に言えば、右も左も上も下もというように、あらゆる場所が痛くなる可能性があります。

基本的にはお腹周辺の痛みが主に変化が起こるようですね。

 

ここでは右脇腹と左脇腹について痛みが起こる原因をまとめていきますね。

 

まず右脇腹が痛む主な原因としては、肝臓や堪能などの臓器と横隔膜があります。

走ることで一番重い臓器でもある、肝臓が揺れてその衝撃で横隔膜が引っ張られることで痛みが出るという仕組みが考えられるようですね。

 

次に左脇腹が痛む原因は?

 

左脇腹にある臓器は脾臓(ひぞう)と腸に関係があるようですね。

脾臓は血液を一時的に貯蔵しておく臓器として知られていますが、走るというハードな運動で伸び縮みをして一気に全身へ血液を行き渡らせようとします。

 

その脾臓の働きが左脇腹の痛みを生む原因と言われていますね。

 

ただ、以上のような原因が考えられますが、すべての方へ共通している原因とはいい切れません。

中には便秘気味の方で、腸にガスが溜まっている方はその影響で痛みを感じる方もいるようですね。

 

全ては以上に上げた原因とは限りませんが、個人的には食事をとったあとに脇腹が痛くなるときが多いように思います。

そこで、走る前にどのくらいの量の食事がベストなのかまとめていきますね。

スポンサーリンク

走る前の食事はどか食い禁止!

 

マラソンなどの競技の前に大量に食事を摂る方はあまり聞いたことが無いように、走るという競技の前には軽めの食事を摂ることが聞いほんとされています。

 

ただ、あまりにも少ない量の食事量だと走っている最中にスタミナ切れなんてこともありますよね。

そこで、アスリートの方などは、どのくらいの量の食事を摂取してから走るのかまとめていきます。

 

基本的には消化吸収が高いものが理想だと言われています。

あるランナーの走る前の食事メニューを見てみると、バナナを食べる方が非常に多く見られます。

 

その他にも、タンパク質や、ナッツなど高タンパクな食材を選ぶ方も多く見られます。

要するに胃に負担をかけずに、長時間走れる栄養を補給しておくことが、脇腹の痛みも起こりにくく、更にパフォーマンスも高く維持される様になれるということになりますよね。

 

脇腹の痛みの解消法は?

 

脇腹の急な痛みはとても苦痛なものです。

走り始めてから脇腹や腹部が差し込むように痛くなったときにはどの様に解消すればいいのか、その方法をまとめていきます。

 

解消法としては3つあります。

 

 

脇腹の痛みの解消法

・走るのをやめる

・深呼吸を繰り返す

・ストレッチを行う

 

 

以上の様に脇腹が痛くなったときには3つの解消法があります。

 

まずは、走るのを一旦止めるという選択肢を取るということです。

通常、脇腹が痛くなったときは、休憩を取るのが一番痛みを和らげることに繋がります。

とにかくスピードを落とすことで痛みが緩和してきます。

 

次に深呼吸を繰り返すこと

 

腹部全体に対応する方法ですが、深い深呼吸を繰り返すことで、痛みが軽減します。

走るスピードを抑えることで更に効果が上がります。

私は常に深い呼吸を意識して休むようにしています。

 

最後に、ストレッチをするです。

 

両手で肘を掴み、上にあげて右と左に傾ける動作を繰り返すことで横隔膜を伸ばすストレッチをすることが出来ます。

特に右や左の脇腹が痛むときにはこのストレッチは有効です。

 

 

脇腹の痛みの予防法はある?

 

走る時に脇腹が痛くなるのはぜひとも避けたいことですよね。

そこで、痛みを予防する方法を最後にまとめていきますね。

 

痛みを予防するには、インナーマッスルを鍛えておくということも大事です。

走る時に脇腹が痛くなる原因としては、臓器の揺れが原因になっています。

 

そのため、臓器を支える内蔵を支える筋肉を鍛えておくことで、十分な血液と酸素を供給してくれます。

 

更に走る前にウォーミングアップをしておくことも大事です。

軽く1,2分走って、体にこれから走ることを伝えておくと酸素と血液をスムーズに出してくれるようですね。

 

何事もストレッチやウォーミングアップは欠かせないようです。

 

まとめ

 

この記事では、走るたびに脇腹が痛くなる原因や対処法をまとめていきました。

 

主に痛みの原因は

脇腹の痛みの原因

・横隔膜の牽引痛
・腹腔内臓器の血流変化
・腹膜刺激症状
・筋肉の痙攣痛
・腸管ガス移動

 

痛みを緩和するためには

 

・ストレッチ

・深呼吸

・走るのを一旦やめる

 

痛みを予防するためには

 

・インナーマッスルを鍛える

・ウォーミングアップを入念にする

 

 

以上の内容をお伝えしていきました。

 

食事は軽めにとって、消化の良いすぐにエネルギーになるバナナが理想ですね。

楽しいジョギングライフを楽しんでください。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です