鬼滅の刃ジャンプ連載はいつ終わる?最終話は何話で鬼舞辻無惨を倒したら終わり?

鬼滅の刃はもうすぐ終わってしまうのか?

 

最近の漫画で大ヒットした作品のタイトルとして名前が上がるのは「鬼滅の刃」で間違いないと思います。

 

圧倒的な表現と登場キャラクターの個性の強さ、更にアニメ化でのサントラと動画のピッタリと合うこれほど素晴らしい作品はありませんよね。

 

鬼滅の刃の舞台や時代背景も日本をベースとしているため、海外での反響もものすごいものになっていました。

 

アニメ化の2期の放送も楽しみなところですが、原作のジャンプ連載ではもうすぐ終わりそうな気配がありますよね。

 

そこでこの記事では鬼滅の刃ジャンプ連載はいつ終わるのかということをまとめていきたいと思います。

現時点4月28日での連載話数は203話ですが、一体何話で終わってしまうのか?

 

この漫画の性質上「鬼がいなければストーリー的に終了」のように思えるのですが、新章や続編などの可能性についても検証していきます。

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃の最終話はいつ頃?最新話の内容は?

 

 

鬼滅の刃がもうそろそろ終わってしまうという情報が飛び交っています。

その理由として現在週刊少年ジャンプで連載しているストーリーがかなり架橋に差し迫ってきているからということからも言えますけど、ジャンプコミックスの公式サイトでの発表も、もうそろそろ鬼滅が終わってしまうという憶測に拍車をかけているようですね。

 

 

まずその大きな理由として、コミックが21巻、22巻、23巻のグッズ付き特装版・同梱版として今後販売されるという情報がありました。

 

 

現時点4月28日の段階での最新巻は20巻ですから、残りの最終話まで3巻を有終の美を飾る豪華な特典付きのコミックの販売を予定しているというようにファンにとっては聞こえてしまうわけです。

 

ジャンプの連載は203話まで進んでいて、炭治郎が鬼となってしまった状態を禰豆子始め死んでしまった柱たちが救おうとしているストーリーが展開しています。

 

 

炭治郎が人間に戻り、鬼滅の刃の伏線回収をすることでもしかしたら205話くらいでジャンプの連載が終了してしまうのかなと予想しています。

 

鬼滅の刃の物語の性質上、敵がいなかったら終わってしまうのかという考え方が自然なのですが、鬼舞辻無惨が倒されてしまうと、鬼滅の刃は終わってしまうのでしょうか?

 

鬼滅の刃は鬼舞辻無惨を倒したら終わり?

鬼滅の刃の作者でもある吾峠呼世晴さんは、本当に素晴らしい作品を作ってくれました。

この鬼滅の刃という作品の惜しげもないキャラの使い方は他の漫画にはない、もったいないくらいのキャラクターの登場のあり方に感動を覚えますよね。

 

 

特に鬼殺隊のトップとして君臨する柱のキャラクターの使い方が読者としてはまだ生きていてほしいと思うくらい個性的なキャラクターばかりで、もっと物語を展開させて長く鬼滅の刃を楽しみたいという気持ちでいっぱいなんですよね。

 

 

鬼舞辻無惨を超えるような敵対する存在が無い現段階では、鬼を倒してしまえば鬼滅の刃という漫画は終わってしまうのが自然に感じてしまいますが、正直鬼舞辻無惨の弟でも登場させてまた続けてほしいのは正直なところですね。

 

 

ただスピンオフや劇場版などは今後どんどん展開してほしいですね。

 

スポンサーリンク

無残を倒した後の展開は?柱の後日談や伏線回収がメイン?

鬼舞辻無惨を倒した後の鬼滅の刃の展開としては伏線回収がメインとなることが予想されます。

 

10月には「無限列車編」も公開されることで、アニメの第2期の盛り上がりを後押ししてくれそうですが、原作が終了してしまうとかなりモチベーションが下がってしまうのですが、鬼舞辻無惨を倒した後のストーリー展開は伏線回収がメインになっていくと予想します。

 

個人的には柱のキャラクターの伏線を回収してほしいのですが、元柱の物語もスピンオフでもいいので知りたいものですよね。

 

鱗滝左近次の若かりし日の戦闘シーンなどは絶対みたいですよね。

 

 

柱の育手は一体誰で、どういう生い立ちをしてきたのかなどコミックの販売部数など気にすることなく単純に誰かが後を書いてほしいですよね。

 

 

漫画家さんって書くだけじゃなくて、ストーリー展開が上手な人ほどヒット作を飛ばせるのかなと思いますね。

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃の続編や新章の可能性は?

 

鬼滅の刃がもうそろそろ終わってしまうという情報がありますが、誰もが望む新章や続編は期待していますよね。

 

可能性としては全くゼロとは言えませんけど、物語の性質上、鬼退治が終わってしまうと物語は終わってしまいます。

 

そういう意味で新しい新章として、世界の鬼を倒すという流れを作ることや、実は無残は生きていたというストーリー展開をすることで、続編などが出来るかもしれませんけど、自分で話していてかなり厳しい内容だなって思いますから、難しそうですね。

 

 

鬼滅の刃はいつ終わるの情報の補足とまとめ!

 

この記事では鬼滅の刃はいつ頃終わってしまうのかという予想をまとめていきました。

終わってほしくないけど、いつ頃終わるのかが気になるという複雑な気持ちでこの記事を書いているのですが、ジャンプ連載はもしかしたらもうすぐ205話くらいで終わる可能性が高いです。

コミックでは23巻が最終巻になる可能性です。

新章や続編は期待する方が多いのですが素人感覚で続編の可能性を検証しても全くストーリーが思いつきません。

漫画家さんはすごいなー!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です