緊急事態宣言で都内の保育園は休止要請で閉園?基準や休園期間と学童保育はやるの?

緊急事態宣言で保育園は閉園になるのか?

 

コロナウイルスの感染拡大の影響で政府は緊急事態宣言を出すという情報もでています。

 

早ければ4月7日の夜にも安倍首相が緊急会見を開くことが予想されている中で、緊急事態宣言が出される7都府県の皆さんは不安がいっぱいだと思います。

 

仕事がこのまま続けられるのか?いつまで緊急事態宣言は続くのか?

 

いろいろなことがごちゃまぜになることでパニックに陥る方も多くなると予想されるのですが、一番の悩みは緊急事態宣言が出されて、都内のどういうことが変わっていくのかという部分ですよね。

 

そこでこの記事では緊急事態宣言が出されることで休止要請が保育園に出される可能性としてまとめていきたいと思います。

休止要請が出されることでどのくらいの期間の保育園の閉園機関になるのかについても合わせてお伝えしていきます。

 

 

スポンサーリンク

緊急事態宣言で都内の保育園は休止要請で閉園?基準や休園期間と学童保育はやるの?

この記事でお伝えする内容をざっくりとまとめると

 

・緊急事態宣言の自粛は強制力が低い

・保育園の閉園の可能性は五分五分

・休止要請が出されると営業ができない可能性が高い

・休園の期間は現時点では約1ヶ月ほど

 

以上の内容でお伝えしていきます。

 

 

緊急事態宣言で都内はどうなる?

 

安倍首相が先程発言した4月7日に緊急事態宣言が出されるかもしれないという情報は都内に混乱を招くかもしれませんね。

 

緊急事態宣言というのは、これまでの自粛が更に広範囲に広がることになるし、東京都が休止要請をすることで営業が停止せざる負えなくなる可能性もあるということです。

 

緊急事態宣言はそれほど強制力があるものではないと言われていますが、重要なのはこれまでに休止要請のリストとして上げられている施設には、休まれたら困るようなサービスも含まれているということが問題になります。

 

 

その中にはネットカフェや、図書館、美容院に至るまで命に関わることは無くても生活には無くてはならないようなサービスも含まれています。

 

 

以下に当てはまる施設は、今後営業が停止になる可能背があります。

学校、保育所・介護老人保健施設、大学など教育施設、劇場・観覧場・映画館・演芸場、集会場・公会堂、展示場、百貨店・マーケット、ホテル・旅館、体育館・水泳場・ボーリング場などの運動施設や遊技場、博物館・美術館・図書館、キャバレー・ナイトクラブ・ダンスホールなど遊興施設、理髪店・質屋・貸衣装屋など、自動車教習所・学習塾など

その中には、保育所も含まれています。

医療や福祉、保育の現場で働く職員はこういう状況でも休むことができず自身の身の危険を顧みずに働いています。

 

 

その中でも命に関わる仕事といえば医療の現場です。

 

ですが、保育の現場ではここ最近の自粛で仕事を休まれる方も多くいるわけですから自粛の対象になる可能性は十分に考えられます。

そこで、保育所や保育園が休園対象になるのかどうかについて検証していきます。

 

 

まずは今後緊急事態宣言が出されることで営業が停止されるのかと言うことを情報を元に検証していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

そこまで強制力が無い緊急事態宣言だけど休止要請は別?

 

コロナ感染拡大が多く見られる7都府県の中でも特に感染者数が莫大に増えている東京都では、緊急事態宣言が出されることでかなり制限される部分も出てくると思います。

 

基本的には緊急事態宣言は強制力や罰則などが無いと言われていますが、気になるのは「休止要請」という言葉です。

 

先程から情報を集めていると、休止要請の対象となる施設やサービスの中に老人保健施設や保育所といった休まれると困るようなサービスのリストも有りました。

そういう意味では、今後感染拡大が予想される地域では休止要請で通常営業が自粛をしなければいけないものもでてくると思います。

その中でも特に気になる保育所や保育園の休園になる可能性についてお伝えしていきます。

 

 

都内の保育園や保育所は休園になる可能性は?

 

東京都内の感染者数は4月6日現在で1116人に増えています。

 

感染者数の1日あたりの増加は100人を超える数の感染者数がありますし、幼い年齢層の感染拡大も心配されています。

 

そういう状況を考えると、幼稚園や保育所などの幼い子供をを預かる施設での感染拡大も心配されるので東京都が休止要請をすることで営業ができない可能性もでてきます。

 

いくら施設側がやろうとしても東京都からの要請があるとなれば、閉園してしまいます。

そうなると困るのは親御さんですよね。

学童保育などは営業しているのかどうかについてもまとめていきます。

 

スポンサーリンク

学童保育は受け入れてくれるのか?

 

お子さんを預けなければ仕事ができないという状況の方も多いはずです。

 

コロナ感染が広まる中で、仕事が休みになる方もいればこの状況でも仕事をしなければならない方も多いはずです。

 

お子さんを預ける場所としては保育園や保育所などが期待できない場合は、学童保育などの施設を利用することも検討するのですが、こういう状況になると学童保育も休園になる可能性もあります。

最近までの情報だと、医療関係者や会社を休めない方には特例として預けることができるという情報もあります。

 

その他の職業の方も相談で対応していくれるようですのでお近くの学童保育に問い合わせてみることをおすすめします。

感染が広がる中では全てにおいて八方塞がりになりますが、冷静に対処していく必要がありますね。

 

 

緊急事態宣言で都内の保育園の営業はどうなるの情報の補足とまとめ!

 

この記事では緊急事態宣言がでたら保育園など保育所は休止要請で閉園になる可能性についてまとめていきました。

可能性としてはかなり閉園になるかもしれませんが、状況によっては営業してくれる保育園もあるかもしれません。

 

ただ、東京都からの休止要請で営業が停止になることも考えて置かなければいけませんね。

今の所緊急事態宣言は1ヶ月程度を予定していますが、それまでの間はかなり大変な状況になりますが乗り切りましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です