緊急事態宣言で神奈川県のデイサービスはどうなる?休止中の対応や再開はいつから?

緊急事態宣言で神奈川県のデイサービスはどうなる?

 

コロナウイルスの感染拡大が広まる中で先程安倍首相が緊急事態宣言を発令しました。

 

緊急事態宣言が出されたことでそれほど大きな変化が無いと言われている中で、現実にどういうことが変わっていくのかについてお伝えしていきます。

 

4月7日に緊急事態宣言が発令されたことで7都府県の地域では外出自粛がより一層要請されます。

要請とはそれほど強制力も無くて、しかも罰則などもあります。

 

しかし緊急事態宣言が出されたことで利用できなくなる施設やサービスが以前に比べるとかなり多くなるようです。

その中でも、生活に密接に関わる「公共施設」などの営業停止や美容院なども営業が停止される店舗も増えるようです。

 

しかも老人保健施設やサービスも緊急事態宣言の期間中は営業を自粛する可能性もあります。

 

この記事では神奈川県の老人保健施設や特にデイサービスについて、利用できるのかどうかをまとめていきます。

更にいつごろ再開するのか?利用できないときのデイサービスの対応としてなにが出来るのかについてまとめていきます。

 

 

スポンサーリンク

緊急事態宣言で神奈川県のデイサービスはどうなる?休止中の対応や再開はいつから?

この記事でお伝えする内容をざっくりとまとめると

 

・神奈川県内のデイサービスの営業は自粛する場合もある

・利用人数が多い施設の場合は県が自粛を要請する場合もある

・デイサービスの利用休止中は体調確認以上のことはできない

・デイサービスの利用再開は緊急事態宣言が解除される頃と予想

 

以上の内容でお伝えしていきます。

 

 

緊急事態宣言で何がどう変わる?

 

コロナウイルスの感染者数が多い地域に対して発令された緊急事態宣言はどのようなことが変わるのかまずはまとめていきます。

 

緊急事態宣言は内閣総理大臣が独断で決めることが出来る国及び地域が危機に直面したときに発令できるものです。
これまでは非常事態宣言という表現でしたが、主に戦争やテロが発生したときに発令されるものですが、今回は感染症も対象になるということが戦後初めてのことだと言われています。

 

私達の生活にどのように変化が起きるのかというと、安倍首相が言う通り、生活に支障が起こらないように、「食料品」や「ライフライン」は確保してもらえるように努力していると言っていました。

 

それではなにが変わるのかというと、今後一層の自粛期間が長引くということです。

 

会見ではそれほど緊迫した様子が伝わりませんでしたが、必要最低限の生活が緊急事態宣言を発動された地域は強いられるということになります。

 

 

今後もしかしたら以下のような施設が都府県の要請で営業を自粛する場合もあります。

学校、保育所・介護老人保健施設、大学など教育施設、劇場・観覧場・映画館・演芸場、集会場・公会堂、展示場、百貨店・マーケット、ホテル・旅館、体育館・水泳場・ボーリング場などの運動施設や遊技場、博物館・美術館・図書館、キャバレー・ナイトクラブ・ダンスホールなど遊興施設、理髪店・質屋・貸衣装屋など、自動車教習所・学習塾など

特に家族への負担が大きいのが福祉の分野です。

以上の項目の中にも老人保健施設や介護に関わるサービスの施設も含まれていますので今後緊急事態宣言で自粛要請があれば、営業は停止する可能性もでてきます。

 

 

その中でも利用者が入浴で利用したりリハビリをするためのデイサービスが利用停止や休止になる可能性として次にまとめていきます。

 

スポンサーリンク

介護老人保健施設の営業も制限される!

 

特に高齢者が多い時代になり、介護サービスを利用される方も増えています。

 

その中でも家族の負担軽減や困難な入浴介助をするためにデイサービスを利用される方も多いはずです。

高齢者本人のためにも家族の精神的な負担軽減のためにも利用されるデイサービスが利用停止になることで、かなりの負担を家族が背負わなければいけません。

 

緊急事態宣言が発令した段階ではまだ介護施設側もどうしていいのか判断が難しい状況ですので、今後感染予防をしながら運営を継続する施設もあると思います。

 

しかし、感染拡大が広まることが予想される場合は、都府県の判断で自粛要請が出されることになります。

自粛要請というのはそれほど強制力は有りませんが、要請を無視できるものでも有りません

 

つまり、今後今まで利用しているデイサービスやデイケアは1ヶ月ほどの利用ができなくなる可能性が十分に考えられます。

デイサービスに限らず、老人保健施設や福祉の関連サービスも今後は自粛をする部分が多くなりそうです。

 

例えばショートステイなどは受け入れを拒否される場合もでてきます。
訪問ヘルパーも場合によっては利用ができなくなるケースもあります。

リハビリ専門の施設も同じく、自粛の要請があれば利用はできなくなるということが予想されます。

 

ざっくりとまとめると、どうしても命に関わるような状況でなければ、老人福祉施設の利用は利用できなくなる場合があります。

入浴などは清潔を保つためには必要なことではありますが、お風呂に1ヶ月入らない場合でも命に関わることは有りません。

 

ただ、精神的な面では心配な部分が多くあります。

 

利用者の認知症が進む場合も考えられますので早く緊急事態宣言が解除されてコロナウイルスの感染拡大が収束することを願うばかりです。

 

スポンサーリンク
 

デイサービスの休止中で出来ること?

 

私が住んでいる地域でもコロナウイルスの感染者数がそれほど増えていない段階で営業を自粛しているデイサービスは有りました。

今後は各都道府県でも営業自粛を検討する施設も多くなると予想できます。

 

デイサービスが休止中に施設側が出来ることとしては、体調管理のための訪問が出来るくらいだと思います。

自宅で暮らしている利用者に訪問する場合も感染を防ぐためにも隔離された場所からの体調管理など、直接対面することが無いように接することも大事だと言われていますので、家族の協力が必要になります。

 

 

入浴が困難な利用者では清拭で対応したり、家族総出で入浴介助を行っているという情報も聞かれています。

外出が制限された今の状況では仕事に行くことができない家族も増えているようなので、この期間だけは介護に参加される家族も増えると思います。

 

ただ、緊急事態宣言は現状だと5月6日までの期間を予定しています。
今後もしかしたら感染者が増え続けることで老人福祉施設のサービスの営業停止延長も考えられます。

どのくらいの期間の営業停止期間があるのか次にお伝えしていきます。

 

 

1ヶ月後の再開が延長する可能性も?

 

今後もし緊急事態宣言が長引くことで、予想されることはデイサービスをはじめ、介護施設の利用ができない状況が続くということです。

海外の状況を見てみると中国では5ヶ月ほど経過した現在ではかなりコロナウイルスの感染拡大が弱まっているという報道がありました。

 

ただ、その反動は大きく営業しているお店は完全に自粛をしていることと、利用できるサービスが殆どないと言われるくらい誰も外出をしていないというリスクを伴ってやっと終息が見えてきたということがあります。

いずれ日本も完全に自粛を続ける期間が1ヶ月以上も必要になるかもしれませんので、今後の感染が大きくならないように、国民は我慢が必要になります。

 

特に不安に感じる部分としてはお風呂に入れないことでの陰部などの肌トラブルや精神的なケアになります。

もし、家族だけで対応できない場合があるなら利用しているデイサービスに連絡をして助言を仰ぐことも検討してみてください。

 

それ以外にもかかりつけのお医者さんに相談するなどあらゆる情報を集めることが乗り切るポイントになります。

 

神奈川県のデイサービスはどうなるかの情報の補足とまとめ!

 

この記事では神奈川県のデイサービスをはじめ老人福祉施設のサービスが緊急事態宣言でどうなるのかについてまとめていきました。

今後考えられることは3つあります。

 

・施設自体が営業を自粛する

・感染予防をしながら継続して営業をする

・都府県の要請で営業自粛になる

 

以上のケースが考えられます。

いずれにしてもこういう状況ですので、もし介護施設の利用ができなくなった場合の家族の協力体制は作る必要があります。

今後1ヶ月程度がコロナ感染拡大が落ち着く可能性を決める正念場になります。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です