緊急事態宣言で埼玉県のデイサービスは営業停止?訪問ヘルパーもどうなる?

緊急事態宣言で埼玉県のデイサービスはどうなる?

 

コロナウイルスの感染拡大が止まりません。

4月7日に安倍首相が緊急記者会見を開いて、緊急事態宣言を発令しました。

 

緊急事態宣言が発令されたことでどんな影響があるのかは、具体的には語られていませんでしたが、7都府県に住んでいる方にとっては窮屈な日々がしばらく続きそうです。

 

しかも今後緊急事態宣言の影響はあらゆるところで表面化しそうです。

食料品や生活のライフラインとしての燃料や水の部分では今後も供給がされるということでしたが、商業施設や無いと困るようなサービスは今後制限される可能性が高くなりました。

 

その中でも高齢化社会にとっては必要な介護施設の利用が制限される可能が浮上しています。

 

そこでこの記事では介護福祉施設のサービスでデイサービスはどういう利用状況になるのか?

更に訪問ヘルパーなどのサービスは受けられるのかそれとも営業が中止で利用ができなくなるのかについてまとめていきます。

 

更に命に関わる訪問看護のサービスは今後も継続して利用できるのかについて合わせてお伝えしていきます。

 

 

スポンサーリンク

緊急事態宣言で埼玉県のデイサービスは営業停止?訪問ヘルパーもどうなる?

この記事の要点をまとめると

 

・埼玉県のデイサービスは営業休止になる可能性がある

・施設側の自粛の場合と要請されて自粛するパターンも有る

・訪問ヘルパーなども同じく営業できない可能性もある

・すでに営業を停止しているデイサービスもでている

・訪問看護に関してはケースバイケースにより訪問看護する

 

以上の内容を詳しくお伝えしていきます。

 

 

緊急事態宣言が出されると神奈川県はどうなる?

 

コロナウイルスの感染拡大で7都府県が対象になって緊急事態宣言を発令しました。

現段階では7つの都府県にとどまっていますが、今後は感染者数が増え続けている地域も対象になる可能性もありますので、他人事では有りません。

 

緊急事態宣言が発令されたことでどういう生活の変化があるのかについてまずはまとめていきます。

 

私達の生活にどのように変化が起きるのかというと、安倍首相が言う通り、生活に支障が起こらないように、「食料品」や「ライフライン」は確保してもらえるように努力していると言っていました。

 

それではなにが変わるのかというと、今後一層の自粛期間が長引くということです。

 

会見ではそれほど緊急性のあるような表現は有りませんでしたが、個人的にはかなり窮屈な状況に追い込まれてしまうと予想できます。

 

生きるためには必要はないけど無くては困るものが利用できなくなる可能性が高いです。

以下に該当するものは今後期間限定で利用できなくなる可能性が高いと言われています。

学校、保育所・介護老人保健施設、大学など教育施設、劇場・観覧場・映画館・演芸場、集会場・公会堂、展示場、百貨店・マーケット、ホテル・旅館、体育館・水泳場・ボーリング場などの運動施設や遊技場、博物館・美術館・図書館、キャバレー・ナイトクラブ・ダンスホールなど遊興施設、理髪店・質屋・貸衣装屋など、自動車教習所・学習塾など

特に外出が制限されることで遊ぶことはもちろん、美容院など図書館などの利用ができなくなる可能性が浮上しました。

最近では高齢者が多いので老人福祉施設の利用も営業自粛をする施設も増えると思います。

 

 

デイサービスや訪問ヘルパーなどは家族の負担増になるので今後利用ができなくなるのかが心配されるところです。

それでは老人福祉施設は今後利用制限がかかるのかについてお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

老人保健施設や介護関連は営業はできない?

 

特に高齢者が多い時代になり、介護サービスを利用される方も増えています。

 

その中でも家族の負担軽減や困難な入浴介助をするためにデイサービスを利用される方も多いはずです。

 

 

都道府県で初めて感染が確認されたことで福祉施設では今後の対応について施設内で話し合いや緊急会議を開くことも多くなりました。

その中で今後、免疫力が低下している高齢者に対して感染を広めないために活動を自粛する方向性を検討する施設側も多くなります。

 

実際いくつかの施設では営業自粛をされているところもあります。

 

ただ、緊急事態宣言が発令した段階ではまだ介護施設側もどうしていいのか判断が難しい状況ですので、今後感染予防をしながら運営を継続する施設もあると思います。

福祉施設の今後の営業としては3種類のパターンが考えられます。

 

・このまま感染症対策をしながら運営する
・感染を広めないために営業を自粛する
・都道府県の要請で営業を自粛する

以上のケースが考えられます。

個人的には感染拡大が多く見られる地域では高齢者に対してのケア継続するよりも、命の危険を避けるためにも営業を自粛する施設が多くなってくるのかなと思います。

 

ただ自粛要請というのはそれほど強制力は有りませんが、要請を無視できるものではありません。

つまり、今後今まで利用しているデイサービスやデイケアは1ヶ月ほどの利用ができなくなる可能性が十分に考えられます。

 

 

デイサービスに限らず、老人保健施設や福祉の関連サービスも今後は自粛をする部分が多くなりそうです。

 

デイサービスやデイケア以外で営業の自粛や受け入れ拒否が考えられるのは、「短期ショートステイ」など施設内で介護ケアを受けることの出来る施設などは、外部の新規受入れやこれまで入所したことのある利用者でも感染を拡大させないために利用を拒否される場合も考えられます。

リハビリ専門の施設も同じく、自粛の要請があれば利用はできなくなるということが予想されます。

 

気の毒かもしれませんが、一人の入所や利用を許してしまったおかげで、その他大勢の命が危険な目に合うことは絶対に避けなければいけませんので、利用を拒否されるということは十分に考えられることを念頭においてください。

 

訪問看護などはどうなる?

 

老人福祉施設などはデイサービスやデイケアなど通所でサービスを受けられる施設なのですが、これらのサービスは必要なものだけど、緊急性という部分ではそれほど重要では有りません。

 

 

極端な話ですが、入浴を1ヶ月間利用できなくても命に別状は無いからです。

 

ただ、自宅で寝たきりの高齢者を介護している方や看護が必要な方にとっては心配な部分が多いかもしれません。

 

コロナウイルスに感染してしまうことで、これまでの病状が悪化するということも考えられますが、家族でケア出来ることも限界があります。

訪問看護の分野に関してはまだ不明な部分が多いのですが、地域によっては医療関係者の人手が足りずに医療崩壊が近いとまで言われるレベルですので、訪問看護の面に関しても今後は時間短縮や利用の日数制限なども考えられますが、はっきりとしたことはかかりつけの病院へ問い合わせてみることが一番です。

スポンサーリンク
 

すでに営業を自粛している施設も多い!

 

コロナウイルスの感染拡大で緊急事態宣言が発令されることで、今後はもっと福祉施設の活動自粛が増えてくることが予想されます。

実際に私の住んでいる地域のデイサービスは営業を自粛している施設もあります。

 

 

つまり、都道府県の要請が無くても施設側の判断で営業を自粛するというケースもあるので、介護サービスを利用したくても感染を広めないためには介護が必要な高齢者がいる家庭では理解が必要になります。

 

 

一番重要なのは、免疫力が弱く命の危険に直結する高齢者から命を守るということです。

ただ、どのくらいの期間の営業自粛になるのかについては現段階では予想ができません。

 

 

緊急事態宣言が1ヶ月間と言われていますが、施設側の判断でそれ以上の営業自粛になるかもしれませんし、施設でのコロナウイルスの感染が確認されたりすると利用再開は2ヶ月以上も延長する可能性もあるからです。

 

 

施設側と連絡を取りながら、必要であれば施設を変えるなどの判断が必要になりそうです。

 

 

緊急事態宣言で神奈川県のデイサービスなどの営業停止の情報の補足とまとめ!

 

この記事では埼玉県のデイサービスをはじめ老人福祉施設のサービスが緊急事態宣言でどうなるのかについてまとめていきました。

今後考えられることは3つあります。

 

・施設自体が営業を自粛する

・感染予防をしながら継続して営業をする

・都府県の要請で営業自粛になる

 

以上のケースが考えられます。

いずれにしてもこういう状況ですので、もし介護施設の利用ができなくなった場合の家族の協力体制は作る必要があります。

今後1ヶ月程度がコロナ感染拡大が落ち着く可能性を決める正念場になります。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です