緊急事態宣言で都内のデイサービスは営業停止?訪問ヘルパーの自粛と再開はいつ?

緊急事態宣言が出されるとデイサービスはどうなる?

 

コロナウイルスの感染拡大が多い地域では明日4月7日にでも緊急事態宣言が出されると言われています。

 

7都府県に出される緊急事態宣言がどれほどの影響が出るのかは予想が付きませんが、これまでの外出自粛よりもより一層厳しい状況になることは簡単に予想できます。

 

もし緊急事態宣言が都内で出されると老人福祉施設のデイサービスや訪問ヘルパーなどは今後通常通り営業しているのか?

 

心配な方も多いハズです、そこでこの記事ではデイサービスや訪問ヘルパーが営業停止になる可能性や、どういう基準や判断で営業が停止になるのかについてまとめていきます。

 

更に営業再開はいつ頃になるのかについても合わせてお伝えしていきますね。

 

 

スポンサーリンク

緊急事態宣言で都内のデイサービスは営業停止?訪問ヘルパーもどうなる?

この記事でお伝えする内容をざっくりとまとめると

 

・デイサービスの営業は休止する可能性が高い

・東京都が自粛要請を出せば営業ができなくなる恐れがある

・訪問ヘルパーも場合によっては営業停止

 

以上の内容を詳しくお伝えしていきます。

 

緊急事態宣言が出されると都内はどうなる?

 

安倍首相が先程発言した4月7日に緊急事態宣言が出されるかもしれないという情報は各都府県に衝撃を与えることになります。

 

緊急事態宣言というのは、あくまでも自粛をこれからも継続していくことを都府県に再度お願いをするという認識かもしれませんが、今回出される緊急事態宣言がどれほど都民に影響を与えるのかは予想がつかない状況です。

 

 

例えば、先程ニュースでも報じられていたように、緊急事態宣言はそれほど強制力があるものではないと言われています。

 

しかし、一部の生活に支障をきたさない施設やサービスなどは営業自粛を要請することができるということで、商業施設や、映画館、ボーリング場、ゲームセンター、美容院などが今後営業ができなくなる可能性だって大いにあると予想されます。

 

以下に当てはまる施設は、今後営業が停止になる可能背があります。

学校、保育所・介護老人保健施設、大学など教育施設、劇場・観覧場・映画館・演芸場、集会場・公会堂、展示場、百貨店・マーケット、ホテル・旅館、体育館・水泳場・ボーリング場などの運動施設や遊技場、博物館・美術館・図書館、キャバレー・ナイトクラブ・ダンスホールなど遊興施設、理髪店・質屋・貸衣装屋など、自動車教習所・学習塾など

その中には、介護老人保健施設も含まれています。

 

医療や福祉、保育の現場で働く職員はこういう状況でも休むことができず自身の身の危険を顧みずに働いています。

その中でも命に関わる仕事といえば医療の現場です。

 

ですが、老人保健施設のデイサービスや、訪問ヘルパーは今後必要最低限のサービスか、もしくは営業が停止される可能性が高くなります。

 

まずは今後緊急事態宣言が出されることで営業が停止されるのかと言うことを情報を元に検証していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

老人保健施設や介護関連は営業はできない?

 

今回のコロナウイルスの感染拡大は予想もしないほどに広まっています。

ほぼ日本全国で感染者が増えて、お亡くなりになった方も日増しに増え続けています。

 

志村けんさんもコロナの影響でお亡くなりになったニュースも記憶に新しいところですが、この感染の広がりはまだまだ続くことが予想されています。

東京都を始め7都府県で4月7日にも緊急事態宣言が出されるということで、各地域では緊張や不安が募っています。

その中でも特に生活に必要な食料品や燃料などの販売は今後も継続して販売がされるということで一安心なのですが、通常どおりの生活はできそうにも有りません。

 

その中でも高齢者を預かるデイサービスや訪問ヘルパーなどのサービスが今後緊急事態宣言が出されることで営業の停止や自粛が広まることが予想されます。

 

まず大きく分けて老人保健施設が営業を自粛する基準について2つのパターンがあります。

 

・施設側が営業を自粛する場合
・東京都が営業自粛を要請する場合

以上の2つがあります。

 

いくら老人保健施設側が営業したいという思いがあっても東京都が自粛を要請すると営業が難しくなります。

そういう意味では今後老人保健施設関連の施設やサービスはしばらく利用できない可能性が高くなります。

 

営業を自粛する場合どのくらいの期間で営業が自粛されるのかというと約1ヶ月と言われています。
場合によってはそれ以上の営業自粛が考えられますので、今後は家族で要介護者を介護する必要がでてきます。

 

一番困難なことは「食事」と「入浴」「トイレ介助」です。

 

特に入浴はデイサービスにお願いしている部分が大きいので、しばらくの間家族で入浴介助ができない場合は、清拭などで対応することが予想されますね。

便利グッズとして以下の商品をおすすめしますので自宅介護での体の清潔を保つことに役立ててください。

 

 

基本的には清拭は石鹸水などとぬるま湯でタオルで丁寧に拭くだけでも清潔に保たれるものですが、更に感想を防ぐなどの効果がある清拭剤は「ハビナース」がおすすです。

私も長年この商品を使用していましたが最近では泡タイプがあるようです。
泡立てるのはけっこう大変なので重宝します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ピジョン ハビナース 清拭料 泡タイプ 洗浄料 500mL
価格:861円(税込、送料別) (2020/4/6時点)

楽天で購入

 

 

 

 

ただ、一番は命に危険がある高齢者や患者を家で看護している場合の訪問介護はどうなるのか?という部分についてまとめていきます。

 

訪問看護などはどうなる?

 

自宅で高齢者や患者を抱える方にとっては訪問看護は重要なサービスになります。

 

今後の感染者数と医療崩壊が訪れることによっては、必要最低限のサービスに縮小される可能性も否定できません。

 

そうなった場合には家族の介護が求められるので、より一層の負担が予想されますが、どのくらいこの感染拡大が続くのかは誰にも予想できませんが、緊急事態宣言がどのくらい効果を発揮するのかもわからない部分が多いです。

 

スポンサーリンク

すでに営業を自粛している施設も多い!

 

緊急事態宣言が出される以前から老人保健施設や関連施設での自粛が目立ってきています。

私の住んでいる地域でもデイサービスがしばらく営業を自粛するという施設も見られています。

 

まだ緊急事態宣言が出されていない地域でも営業を自粛している場合がありますので今後はもっと自粛をする施設が増えていくと予想されます。

 

営業を再開する基準としては感染者数の増加が横ばいになるか、減少する場合が営業再開の時期だと思います。

まだ感染者数がピークに達していない状況では今後は営業再開の目処が立たないのが実情です。

 

 

 

緊急事態宣言でデイサービスなどの営業停止の情報の補足とまとめ!

 

この記事では老人保健施設のデイサービスや訪問ヘルパーは緊急事態宣言が出されると営業を自粛するのか、その基準はどういうものなのかについてまとめていきました。

おそらく営業を自粛するデイサービスや訪問ヘルパーも増えてくると思います。

特に免疫力が低下している高齢者に感染が広まらないためにも入浴などは命に直接関わりませんので約1ヶ月くらいは営業自粛を東京都が要請するケースも増えてくると思います。

この状況を乗り切るには家族の介護に委ねる部分が大きくなりますね。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です