宮城県の緊急事態宣言解除はいつごろ?基準や外出時の条件とは?

緊急事態宣言解除後の宮城県はどうなる?

 

コロナウイルスの感染拡大がちょっとずる収まっている気配があります。

去年の年末から徐々に感染が広まって5ヶ月が経過した現在の日本の感染者数は1万5千人を超えています。

 

しかし、一日の感染者数は徐々に減りつつあって、最も多い感染者数の東京都でも最近は100人を割る感染者数です。

 

このまま感染者数が1週間増えない地域は緊急事態宣言を前倒しで解除するかもしれないという情報がある中で、宮城県はいつ頃解除されるのか気になるところです。

 

この記事では宮城県の緊急事態宣言解除はいつ頃でその基準や解除後の生活はどうなっていくのかについてまとめていきます。

 

公共施設の利用や飲食店など、経営危機に瀕している方が多い中で、一日も早く客足が戻って欲しいです。

以前のようには出歩くことが出来ない、解除後の外出時の条件やすごし方についても合わせてお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

宮城県の緊急事態宣言解除の基準は?

 

コロナウイルス感染拡大もピークを超えているように思いますが、まだまだ油断ができない状況は続きそうです。

 

7日に西村経済再生担当相が現在発令している緊急事態宣言の解除を段階的に行っていくことを国民に向けて伝えていました。

地域ごとに条件は多少違うようですが、現段階では17県がその対象になっているようですね。

 

青森、岩手、宮城、秋田、栃木、福井、三重、鳥取、岡山、徳島、香川、高知、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島の17県は5月6日の時点で1週間の間新規感染者数が発生していないという現状に、段階的に自粛を緩和するようですね。

 

宮城県としても他の16県と同じように緊急事態宣言を解除する方向で進んでいるようですが、基準としてはどのようなものがあるのか、気になるところです。

 

まず政府の発表によると5月6日時点で1週間新規感染者がいないことと、14日頃に最終的に判断して緊急事態宣言解除を宣言するという流れのようですね。

 

つまり、2週間新規感染者数がいない地域は解除していくという流れですね。

 

ただ、緊急事態宣言解除された後の宮城県の生活はどのようなものになっていくのか具体的なものは語られていません。

 

スポンサーリンク

緊急事態宣言が解除されたら外出はどうなる?

 

コロナウイルスの新規感染者が1週間以上いない地域では教育の現場では新学期がスタートしている場所もありますね。

緊急事態宣言が解除されたら私達の生活はどのようになっていくのか心配な面の方が多いですよね。

 

感染拡大のピークが過ぎたと言っても、日本は比較的致死率が低い菌の感染で海外の感染者数と死亡者数を比較しても軽症で済んでいるのは不幸中の幸いと言えますね。

 

ただ、今後第2波がこないとは言い切れない現状に危機感はあったほうが良いと思います。

学校への通学も学級ごとの時差通勤や三密を避けるといった対策をしながらで、以前のような普通の生活にはまだまだ戻れないという感じが強いですよね。

教育の現場では以前とは違う状況に戸惑いながらの生活でかなり疲れてしまうことも予想されますが、会社に通勤する方も現状ではリモート勤務もしばらくは延長しそうです。

普段の外出に関しても緊急事態宣言のときよりは緩和する部分もありますが、基本的に三密を避けることは守っていく必要があります。

 

スポンサーリンク

宮城県の飲食店や公共施設の利用方法は?

 

緊急事態宣言が解除されることで、飲食店や公共施設の営業はどうなるのかも気になるところです。

緊急事態宣言が発令する以前からギリギリの経営をされている自営業の方たちにはかなりの打撃になって、相当数の廃業も予想されるとニュースでは報じられていました。

実際、解除後の飲食店などの経営方法は「三密を避ける」ということが守られることが必須だと言われています。

ただ、どれだけのお客さんが来店してくれるのかが未定な状況の中で経営者はまだまだ不安な日々を送るかもしれません。

緊急事態宣言が解除されたとは言っても、居酒屋や公共施設を利用するのはお客である一般の市民です。

市民の感情としては「感染したくない」という気持ちがありますので、今までのような客足は見込めないのが日本の現状かもしれません。

 

 

他県への移動はまだ自粛?

 

緊急事態宣言が解除されたら、他県への移動はどうなるの?

実際自分の住んでいる地域は解除されても他県はまだ緊急事態宣言が継続中だった場合は、潜伏期間を考えて自宅に待機することも義務付ける部分もあると思います。

会社に努めている方は、他県に外出したことを申請する必要もありますし、学校に通っている学生も自宅で待機する期間も必要ですね。

そういった意味では、今後も解除されても以前のようにウイルスに警戒することは必要ですね。

 

 

緊急事態宣言解除後の宮城県の情報の補足とまとめ!

 

この記事では、宮城県が緊急事態宣言が解除されるのはいつ頃で、解除後の生活はどうなるのか?についてまとめていきました。

予想としては14日を目処に解除が段階的に行われると思います。

通常の生活にはまだまだ戻れないという状況ですので、今後も感染予防を徹底することと、三密を避ける生活は継続が必要ですね。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です