KOKOONのメンバーカラーや経歴と年齢は!あだ名や事務所と韓国の反応は?

韓国発のアイドル芸人がおもしろい!

 

KOKOONという韓国と日本の混合芸人グループが最近テレビに出始めてきました。

 

韓国のアイドルグループのような出で立ちと、お笑いが融合した新しい笑いで結構ネタも面白い彼らの経歴をまとめていきますね。

日本人の田中さんはいぜんは日本人とコンビを組んでいたのですが、KOKOONはいつから活動していたのか、経歴などを合わせてお伝えしていきます。

 

更に純粋にこのお笑いは韓国には通じるものがあるのか?韓国の反応もまとめていきます。

 

スポンサーリンク

KOKOONのメンバーカラーや経歴と年齢は!あだ名や事務所と韓国の反応は?

この記事でお伝えする内容は?

 

・KOKOONの経歴

・KOKOONのネタが面白い理由

・吉本とユンソグループはてをくんでいる?

・このネタの韓国の反応は?

 

以上の内容でお伝えしていきます。

 

KOKOONというアイドル芸人のオチが秀逸!

 

最近お笑い番組によくでてくる韓国人のお笑い芸人グループが面白いです。

パット見5人組の韓国人のお笑いグループだと思いましたが、一人は日本人で吉本興業の田中さんという芸人がいます。

それぞれアイドルグループがやりそうな演出やセリフをいいながら最後のメンバーが落ちを言うという古典的なネタが多いのですが、何回か見ているとちょっと癖になってきました。

特に落ちを担当するメンバーのとぼけた顔や、そのボケのセリフは結構ツボってしまいます。

5人組のお笑いグループは今までありましたが、韓国と日本のお笑いがグループを作るというのは今までに無いですよね。

そういう意味でも日本と韓国をつなぐ架け橋にもなってくれるのかもしれませんよね。

 

メンバーもそれぞれ個性的で年齢などもかなり気になるところですから経歴などをまとめていきますね。

 

スポンサーリンク

KOKOONのメンバーの経歴

 

KOKOONのメンバーは全部で5人です。

田中凌(日本人メンバー)
チョン・ジェミン
イ・チャンハン
カン・ジュオン
キム・テギル(ボケ)
田中凌(たなか りょう)
あだ名・愛称:プリンス・Butterfly(バタフライ)
メンバーカラー 青
生年月日:1995年12月29日
年齢:25歳(2020年3月現在)
出身地:千葉県浦安市
居住地:韓国(2018年4月~)
特技:料理・野球
好きなもの:ヤクルトスワローズ・アニメ・MARVEL映画
所属事務所:吉本興業
チョンジェミン(KOKOONリーダー)
メンバーカラー 白
生年月日:11月13日
身長:177㎝
特技:ダンス
趣味:サッカー・ゲーム・漫画
所属事務所:ユンソグループ
イ・チャンハン(モデル出身)
メンバーカラー 黒
生年月日:4月12日
身長:184㎝
特技:現代舞踊・掃除・料理
趣味:野球・スカッシュ・買い物・ファッション
所属事務所:ユンソグループ
カン・ジュウォン(KOKOONから芸能活動開始)
メンバーカラー ピンク
生年月日:3月2日
身長:173㎝
特技:激辛料理に強い
趣味:LEGO・スノーボード
所属事務所:ユンソグループ
キム・テギル(ボケ担当)
メンバーカラー 赤
生年月日 8月20日
身長:173㎝
特技:歌・モノマネ
趣味:音楽鑑賞
所属事務所:ユンソグループ

日本人の田中さんと、4人の韓国の方との混合芸人って本当に見たこと無いので、すごく新鮮ですよね。

ボケ担当のキムテギルさんのなんとも言えない表情はすごく人気が出そうですよね。

韓国のメンバーの年齢は非公開になっていますが、田中さんは25歳ということで同年代なのかもしれませんね。

「ユンヒョンビン」はどんな人?

KOKOONというグループは日本と韓国の混合グループですけど、なぜ吉本と韓国の芸能事務所ユンソグループが手を組んでいるのか?

不思議ですよね。

 

韓国という国でもお笑いは結構人気になっていて、芸人さんも多いと言われています。

そういう意味でも日本の芸能界と韓国のお笑い界が手を組んでもおかしくないですよね。

 

笑いのレベルとしては日本のほうが高いと思っていますが、本場韓国のお笑いもぜひ見てみたいですね。

ユンヒョンビンは韓国のお笑い芸人として活躍する方で芸能事務所を作ってユンソグループという事務所をしています。

 

日本のお笑い界のトップでもある吉本が世界展開のための最初のステップとして韓国と手を組んだのかもしれませんよね。

もしかしたら今後は世界の国と日本人がコンビを組む芸人が誕生しそうですよね。

スポンサーリンク

KOKOONの韓国の反応は?

 

KOKOONのネタを見た韓国の方の反応を見てみたいと思います。

実際韓国にはKOKOONのようなアイドル芸人というジャンルは無いそうです。

 

そういう意味では新規の感覚がとても新鮮だったと言われています。

本場韓国のネタを見た反応をまとめると

 

・ネタがしっかり作り込まれている

・韓国人メンバーの発声がとても素晴らしい

・オチの芸人のコミカルさには吹き出してしまった

・イケメンメンバーとのコントラストがたまらなくいい

 

以上の様に、結構面白いという反応が多いです。

韓国でもこのようなネタやキャラは見たことが無いということで、韓国国内でもライブをすると人気が出そうですね。

 

KOKOONの情報の補足とまとめ!

 

この記事ではKOKOONというアイドル芸人の経歴や韓国の反応をまとめていきました。

唯一の日本人の田中さんと4人の韓国イケメンがグループとして活動するお笑いグループは見たことが有りません。

最後にしっかりと落ちを持ってくるあたり、すごくネタを作り込んでいるなと言う印象を受けました。

全員韓国に在住しているので、日本での活動が増えると今後は日本での活動が本拠地になるのでしょうか?

KOKOONの結成はどういうぐらいに作られたのか興味がありますが、田中さんは以前J1にも出場したことがあるので、そのときに知り合ったメンバーかもしれませんね。

今後の活動が楽しみですよね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です