コロナ現金給付の一律10万円はいつから?所得制限や条件はあるの?

コロナ現金給付が弱者に目を向けてきました!

 

全国的にコロナウイルスの感染拡大が広まっている中で、仕事が制限されて自粛されて収入が減少している方が増えています。

 

 

そういった現状を見て、政府としての対応が、あまりにもずさんだという国民の声が徐々に大きくなってきています。

 

当初は商品券などで対応していくという政府の考えは即刻却下されて、現金給付が30万円給付されるのかと思いきや、あまりにも厳しすぎる条件で現金給付金が対象になる方はほとんどいないのではないかと思うくらいの条件でまた不満が起きています。

 

そうしたことから、政府は一律10万円の給付の検討案が浮上しています。

 

高額所得者との棲み分けも検討する方向で今後政府では検討する予定ですが、もしかしたら一律10万円給付も条件月になる可能性もありますよね。

 

そこで、現金給付の一律10万円はいつ頃給付になるかについてまとめていきます。

更に、もし10万円給付になることでの条件や所得制限などはあるのかについても合わせてお伝えしていきますね。

 

 

スポンサーリンク

コロナ現金給付の一律10万円はいつから?所得制限や条件はあるの?

この記事でお伝えする内容は?

 

・コロナ給付金が一律10万円になる可能性は?

・10万円が一律になるともらえる条件はどうなる?

・高額所得者とそれ以外を分ける基準はどうなる?

 

以上の内容でお伝えしていきます。

 

 

コロナ現金給付が弱者に目が向けられる!

 

コロナ給付金の話題が二転三転している中で、30万円給付が対象にならない方の方が多い中で、生活が困窮している方の割合はものすごく多いと言われています。

 

実際、コロナの感染拡大で、収入が減っている方は多いのに、30万円の給付に引っかからない方が多いのはあまりにも国民の現状を見てくれていない政府の動きに不安になりますね。

 

 

あまりにも複雑すぎる給付の条件に疲れてしまう方もいれば、大幅に勤務日数が減って先行きが不安定になる母子家庭の方も多い中で、給付金がもらえないという現実には本当にどうしていいのかわからなくなりますよね。

 

 

ここ数日で、コロナ関連の給付金が弱者にも目を向けられるようになってきたようです。

 

その話題は「一律10万円給付」が現実化しそうになっていますよね。

海外では早い段階で大人に10万円以上の給付金が支払われているようですが、あまりにも日本の対応の遅さには、本当に苦しい人が多いという状況は比較してしまいますよね。

 

10万円一律の可能性はどのくらいになるのかについてまずはまとめていきますね。

 

スポンサーリンク

一律10万円給付は実現するのか?

 

政府としては10万円一律の検討はかなり慎重に行われているようですね。

一時期早い段階で10万円一律の給付の案がでていますが、知らない間に消滅していましたね。

 

 

実際、30万円給付が世帯主の減収だけが条件というあまりにも厳しすぎる条件でしばりが強かったのが、世帯主以外の減収にも対応してくれるような流れにもなっていますので、今後30万円給付の条件にも注目していきたいと思います。

 

ただ、それでもまた基準や条件が厳しすぎるということで、最近浮上した10万円一律給付が早く現実化になると助かる方も増えると思います。

 

いろいろな条件が合わさることで、給付金が多く貰えそうな方もいれば、少ない給付金や全く対象にならない方もいるかも知れませんよね。

コロナの影響で少なからず収入が減少している方が多い中でぜひとも10万円の一律の給付金は必要だと思います。

 

全国民が10万円を貰える可能性と条件は?

 

実際一律10万円給付を貰える条件としては今後情報が伝えられると思いますが、現段階で問題になっているのが、高額所得者との違いをどこで分けるかが給付金の支給が変わってきますね。

 

 

基準としては前年度の年収がどのくらいになるのかということが重要視されそうですが、低所得者という基準がどれほどのものになるのかによっても一律10万円が誰に対象になるのかも分けられるところです。

 

 

政府としては極力お金を出したくないという考えが見られるので、一律10万円といっておきながら、結局限られた方にしか行き渡らないような仕組みを作りそうでかなり不安です。

 

 

アメリカや諸外国のように大人は13万円給付するとか、全員に給付するということで良いと思うのですが、あまりにも考えすぎている日本の政府の対応はこんな状況だからこそ国民の不安を煽っているようにも見えます。

 

誰もが直面したことの無い予測のつかない事態ですから、政府の方も対応が難しいと思いますが、国民が安心して暮らせるような仕組みを是非お願いしたいものです。

 

スポンサーリンク

所得制限の30万給付は間違った判断!

 

今現在の30万円の給付金の条件は世帯主以外の減収入も対象にするかどうかを検討している最中ですが、なぜこれほど難しい条件にしたのか不明ですよね。

個人的に疑問に思うのですが、複数の給付金はもらうことが出来るのかについてです。

 

例えば30万円の給付金がもらえる条件似合う方もいると思いますが、その方はその後に決まるかもしれない10万円の給付金ももらえるということになります。

 

更にその方がフリーランスならば、給付金が発生するのか?

 

しかも補助金等があるならば申請することでかなりの金額をもらうことができるかもしれません。

 

 

一部の人は美味しい思いをして、その他大勢の方はコロナが感染する前からでも苦しいのに、更に厳しい現状に直面しているのはなんだか納得行かないですね。

 

 

政府の公式サイトは本当に分かりづらいし、言葉が堅苦しくてなにが書いているのか本当に意味不明です。

もっと国民にわかりやすく説明する方はいないのでしょうか?

 

一律10万現金給付の条件の情報の補足とまとめ!

 

この記事では一律10万円の給付金が給付になれば条件や基準はどうなるのかについてまとめていきました。

 

10万円の給付がまだ現実的な段階にはなっていないようですが、30万円の給付がもらえない方が多い中での全国民に一律に配布される給付金は誰もが望んでいることかもしれません。

実際本当に生活に困っている人が多いので早く優先してあげてほしいです。

難しいことは抜きにして早く救ってあげてほしい!!

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です