コロナ給付金で子育て世代の金額はいくら?支給はいつですぐもらえる?

コロナ給付金は子育て世代に手厚い?

 

コロナウイルス感染拡大の影響で仕事を休まなければいけない状況の方も多く見られます。

この状況がいつまで続くのか先行きを不安に感じる方も多いはずです。

 

一番不安に感じることといえば生活費になります。

国ではコロナウイルスによって休職に追い込まれた方や子育て世代の方に向けた給付を検討しています。

 

この記事ではコロナ給付金の金額やいつごろ支給になるのかについてまとめていきたいと思います。

更に、一番影響を受けている子育て世代の給付の金額や支給方法などについて現時点までの国の発表などをまとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

コロナ給付金で子育て世代の金額はいくら?支給はいつですぐもらえる?

この記事でお伝えする内容は?

 

・コロナ給付金はどうやって給付するのか?

・子育て世代はどのくらいの給付が見込めるのか?

・支給方法は現金?それとも地域振興券?

・子供の人数で給付額は変わるのか?

 

以上の内容をお伝えしていきます。

 

 

コロナ給付金の給付案の現時点の状況は?

 

新型コロナウイルスの感染拡大で、休職に追い込まれる方も増えています。

休職中の賃金の受け取り額は企業によってまちまちで、安定して賃金を得られない方も増えそうです。

 

そういう中で、政府は3月13日に「改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(コロナ特措法)」を成立しました。

 

日本の経済が下向きになっている今、政府は「子育て世帯への一律3万円の給付」や「休業したフリーランスや自営業者への1日4100円」、「休業した子育て世帯への1日8330円」の保証などを打ち出していますね。

 

生活が困窮している方も多くいますのでこの案件はぜひとも早めに決めてほしいものです。

世間では、過去に起こったリーマンショックでの対策として国民に1万2千円の金額を給付したことも記憶に新しいところですが、一部のネットユーザーからは「またバラマキかよ」なんて声も上がっている通り、あまり評判は良くないようですね。

 

 

 

しかも、子育て世代への給付はもちろんですが、独身者には給付が無いというような考えも浮上しているようです。

 

確かに子育て世代は学校の休校によって食費などが普段より生活費を圧迫する可能性も高いのですが、独身者としても同じ様に生活が苦しい方もいるわけですよね。

お金がある人には給付は必要ありませんよね!

 

子供が居るいないに関わらず、そういった個人の状況によっては困窮している人も、いらっしゃる事を政府はもっと理解してほしいと感じます。

ちょっと考えただけでもかなり分類が多くなりますので今後コロナ給付金を受け取るにはいつ頃になるのかをざっくりと予想していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

子育て世代は特別多く給付される?その金額はどのくらい?

 

現在のところでは「子育て世代へのひとり親」に対しての給付の上乗せを政府に要望している団体もあるくらいですから、今後何らかの形で子育て世代への保証が組み込まれる可能性が高いと思います。

 

ただでさえ生活が困窮しているひとり親の子育て世代では、仕事が休業に追い込まれたことで相当な困窮状態が予想されます。

 

しかし、政府の対応は未だに未定の状態でどういう給付にするのか、どういう金額で給付をするのかも現時点では決められていないのが現状です。

早くても3月末までには給付してほしいと思います。

 

最近のニュースの内容によると「一律給付案」が浮上しています。

 

過去のリーマンショックでの給付は1万2000円という金額を給付したという前例がありますので、もしかしたら同じ様に給付をばらまくことになる可能性もありますよね。

 

ただ全国民に一律に給付することはあまりにも意味がない様に感じます。

必要な方に必要な額を給付するほうが、妥当な考えだと思うのですが、今後どういう給付金額になるのかは追記していきたいと思います。

 

支給までには時間がかかる?

 

個人的にも給付がどういう方に配られるのが良いのか、金額はいくらが妥当なのかを考えてみましたが、あまりにも範囲が広すぎて難しい問題だと実感しています。

 

 

ただ、一番明確な給付先は「ひとり親の子育て世代」だと思うんです。

 

一番困窮している方が優先して給付をもらえるような仕組みを早く作ることで、この状況をなんとか凌げると思うんですよね。

政府の対応策はちょっと疑問に感じる部分がありました。

 

 

生活に困窮している方に対して「水道光熱費」などの支払いを遅らせる措置をとると政府が話していましたが、結局支払わなければいけないのなら同じことだと思います。

 

 

しかも生活困窮者など現金が必要な方向けに対策として「無利子・無担保融資」を掲げていました。

 

結局、お金を返さなければいけないということで、最終的に苦しむのは目に見えていますよね。
しかも無利子の期限は3年間ということなので、3年がすぎると利子もつくわけですからつらい状況は変わることは有りません。

 

しかも給付方法によっては手元にお金が入るまで時間差があります。

現金給付の場合は比較的早い段階で受け取れる可能性もありますが、現金で給付することで経済が回らないという理由から、地域振興券などの給付になると現金給付よりも手元に来るまでに時間が必要になります。

 

 

なによりも、一日も早く給付が必要な方にお金が渡る様に考えてほしいものです。

スポンサーリンク

 

コロナ給付金の情報の補足とまとめ!

 

この記事では、コロナ給付金で子育て世代の給付額はいくらぐらいになるのか?
更に給付方法などういうやり方になるのかについてまとめていきました。

 

現時点では給付方法など対象者というような具体的な部分まで話が進んでいない状況です。

こういった現状に生活が困窮しているひとり親の子育て世代はかなりきつい状況だと思います。

 

ただでさえ生活が困窮しているのに更に、仕事が休職に追い込まれている状況ですから、こういった方たちに早急に給付を急ぐことは政府としては急務のことかと思います。

 

アメリカでは休職に追い込まれている方に10万円ほどの支給があるそうですので決断が早いですよね。
どういう形であっても、早めに必要な方へ給付を急いでほしいものです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です