コロナ給付金のターゲットとは?対象者や無職や失業者はもらえない?

コロナ給付金のターゲットとは誰でしょうか?

 

コロナウイルスの感染拡大が日本でも徐々に広まりつつあります。

 

感染が多く見られる地域では外出自粛制限があるおかげで、生活に必要な物品や食料品などは特に品薄になる可能性も高いです。

 

逆に生活にあまり関係のないものは全く売れないという状況が続いています。

そういうこともあることあから、今後はたくさんの失業者が増えそうです。

 

そこで政府は「現金給付」をどういう形で給付するのかを連日検討しているのですが、新たに「ターゲットを決めなければいけない」という安倍首相の発言がありました。

 

この記事では現金給付を受け取れるターゲットについてや、条件や対象者についてまとめていきます。

更に失業者や無職の方は給付を受けられるのかについても検証していきたいと思います。

スポンサーリンク

目次

コロナ給付金のターゲットとは?対象者や無職や失業者はもらえない?

この記事でお伝えする内容をざっくりとまとめると

 

【記事の内容】

・全国民一律給付はなくなるかもしれない

・基準が明確になってくると貰える人が絞られる可能性も!

・失業者や無職の方も給付はもらえる可能性が高い

・緊急小口資金などをうまく併用することが乗り切るヒント

 

 

以上の内容を詳しくまとめていきます。

 

 

コロナ給付金のターゲットとは誰?

 

全国的に猛威を奮っているコロナウイルスの感染拡大に伴って、会社が休業になったり自宅待機になったりと以前に比べるとかなり収入が減少した方も増えていると思います。

 

 

このような状況では、先行きが不安定になってどうやって生活をしていけばいいのか露頭に迷う方も増えることでしょう。

 

そう言っている私も最低限の生活をする状況になるとどうやって行きていけばいいのかかなり不安に感じてしまいます。

 

今月の上旬頃から新型コロナウイルスに関する現金給付の話題が連日に様に伝えられていますが、未だにはっきりと下給付方法が示されていません。

 

 

しかも一律給付をするという情報から一転して「ターゲットを定める」という意味深な発言まででています。

安倍首相並びに政府はどのような基準でターゲットを決めるのか今後注目されていきます。

 

 

現時点で現金給付の「ターゲット」というのはどういう方を指すのかその対象者をまとめていきますね。

まだ本格的には決められていませんが、ある程度経済的に困窮している方がこのターゲットに当てはまると思います。

 

 

つまり一律で現金給付を検討してきた政府ですが、ここに来てターゲットを決めるほうが懸命だと判断しているようです。

ということは現金給付は一部の方に絞って給付されるという可能性が高くなりました。

 

 

政府のイメージするターゲットというのは「生活困窮者」や「貯蓄に回さない方」などを狙っているのかもしれません。

 

 

すべての国民に現金給付をしてしまうと「貯蓄」に回す方が大半になることを心配しているようですね。

本当に困っている人を優先してほしいという気持ちは同感ですが、早めに決めないと苦しい状況を長引かせてしまうということになりますね。

 

スポンサーリンク

コロナ給付金は失業者や無職の方はもらえるのか?

 

今回のコロナウイルスの影響で当然失業に追い込まれる方や、職探しに苦労する方も増えてくると思います。

 

実際のところ、就活生が内定を取り消されるという悲しいニュースもあるくらいですから、現在失業中の方や仕事を探している方にとっても同じ様に逆風が吹いていると言えますね。

 

そこで気になるのは、コロナウイルスに関係なく失業をしている方や、終章活動をしている方にとっては現金給付は支給されるのかです。

現時点ではまだはっきりと決められてはいないのですが、失業している方も、求職活動の方も同じ様に給付を受けられるようでなければ生活は困窮してしまうことは目に見えていますよね。

 

 

個人的には失業者も求職者も給付対象にならなければ間違っていると思います。

そこでもう一つ気になるのはいつから給付が始められるかという部分ですね。

 

スポンサーリンク

給付金の開始時期はいつぐらい?

 

コロナ給付金はいつ頃から給付が始まるのか、誰もが気になる部分です。

政府の話だと、5月下旬までには受け取れるようにするという方針がありました。

 

 

もう3月が終わろうとしているこの時期にまだ給付の内容が決まっていない状況ですので、本当に5月下旬に給付を始められるのか不安ですよね。

 

生活に困窮されている方にとっては一日も早く給付をもらえることが立て直すきっかけになりますよね。

ただ、現時点では現金給付の他にも政府が対策として「緊急小口資金」というものも活用していけそうです。

 

 

生活困窮者には緊急小口資金の検討もひつよう!

 

明日の生活するお金が無いという方もいる状況の中でいつ給付されるかもわからないものを待つのはかなり不安しかありません。

比較的早い段階で政府が対応している「緊急小口資金」も検討されてもいいかもしれません。

 

 

無利子で現金を借りることができるのが緊急小口資金というものですが、始めの頃は1年間利息がつかないという条件で融資を受けられるという情報でしたが、最近になって少し変化がありました。

 

生活困窮者には現金の返済をしなくてもいいと言う条件も浮上してきたようですから、本当に困っている方は近くの役所で相談をすることをおすすめします。

困った状況で悩んでいても仕方が無いので、とりあえず工面できる方法を調べて色々動いてみることですね。

つらい状況ですが乗り切りましょう。

 

現金給付に関する関連記事はこちらから

 

コロナ現金給付の30万円の自己申告の基準は?申請はいつからどこでやる?

コロナ現金給付の自己申告でフリーターの条件は?一人暮らしの金額はいくら?

コロナ布マスク2枚配布はいつ頃?優先地域と支給場所はどこでサイズはどのくらい?

コロナ緊急事態宣言の生活への影響や行けない場所は?休業で給料は保証される? 

コロナ給付金の所得制限の基準は?金額はいくらでいつから実施?

コロナ現金給付の所得減世帯の基準や金額は?もらえる金額は20万円?

コロナ現金給付の対象者や条件は?現物金額や年齢の基準はある?

コロナ給付金で子育て世代の金額はいくら?支給はいつですぐもらえる?

コロナ給付金は1人10万円は本当?申請方法や支給はいつで海外の金額との比較は?

コロナ助成金配布メールは詐欺その手口は!労働局からの電話の対処法は?

 

コロナ給付金ターゲットとはの情報の補足とまとめ!

 

この記事では現金給付の「ターゲット」についてまとめていきました。

毎日コロナウイルスの感染拡大のニュースが伝えられていますが、それに合わせて現金給付の情報も日々更新されていますね。

一日も早く現金給付ができる仕組みを作ってくれるように政府の関係者には頑張ってもらいたいものです。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です