熊本県の休校延長はいつまで?児童育成クラブ(学童保育)の再開はいつから?

熊本県の休校延長はいつまで?学童保育も休校!

 

全国的に感染拡大が広まっている新型コロナウイルスの影響で全国の小中高学校が休校延長の判断をしています。

 

当初予想していた感染者数を大幅に超えているという現状もありますが、感染者数が日増しに増えていく中でのこの延長の判断は難しいものだと言えます。

 

子供が感染しないように対応することが先決ですが、いつまでこの状況が続くのか不安です。

更に、学校が休校延長になるばかりか、学童保育の休校まで感染の影響で決定したようです。

 

この記事では熊本県の休校延長はいつまでなのか?最悪の場合はいつまで延長になるのかについてまとめていきます。

さらに、学童保育の休校はいつまでで、再開はいつ頃になるのかについてまとめていきます。

 

 

スポンサーリンク

熊本県の休校延長はいつまで?児童育成クラブ(学童保育)の再開はいつから?

この記事でお伝えする内容をざっくりとまとめると

 

・熊本県の休校延長は5月6日まで

・児童育成クラブ(学童保育)の閉園は4月9日から

・最悪の場合6月7月まで休校延長の可能性も

 

以上の内容でお伝えしていきますね。

 

 

熊本県の休校延長は小中高が対象に!

 

全国的に感染が広がっている新型コロナウイルスの影響で全国の学校で休校措置が取られました。

3月初め頃から、卒業式やイベントなどの自粛や人数を制限した開催が各都道府県で見られていましたのが記憶に新しいところです。

ただ、現在4月5日の時点でも日本国内での感染拡大の勢いが止まらない状況で国や学校側はこれ以上感染を増やさないためにも休校の延長をしている地域が多くなっています。

 

当初は3月いっぱいまでの休校が予定されていましたが、予想を遥かに超える感染者の増加で都道府県の判断で休校を延長しているようですね。

熊本県の感染者数は4月5日15時時点で19名で比較的感染者数は少なく、増加率もそれほど高くないのが現状です。

しかし、休校延長に踏み切った理由としては隣接する福岡県の感染増加率が多いことから、いずれ感染者が流れ込むことを未然に防ぐという考えの下だと思います。

 

 

そういう意味では熊本県の判断はとても冷静で今回のコロナに対しての対策としては十分に果たせていると世間の反応もあるようですね。

 

 

ただ、休校延長になる影響で仕事ができなくなる親御さんも多くなると思います。

そこでいつまで熊本県は休校延長になるのか最悪の事態まで想定してまとめていきます。

 

スポンサーリンク

熊本県の休校延長はいつまでになりそう?

 

熊本県の休校延長は現時点で5月6日までの延長を予定しています。

今後どのくらいの休校延長が考えられるのかという点については、誰も予想ができない状況です。

休校延長が解除されるには「感染拡大が収まる」ことが条件ですね。

 

コロナウイルスの特徴としては「誰が感染しているのか」わかりにくいという特徴があるので判断が難しくなるわけです。

感染者が今後増加していくことは目に見えていますので、4月の感染者数の増が次第によっては5月いっぱいの休校の可能性も見えてきます。

そうなると心配なのが勉強が遅れるという問題がでます。

 

都道府県での対応としては「タブレット」をつかってネット回線を使用しての遠隔授業も検討に入れているようですので、持っていない家庭は貸し出しも検討するそうです。

 

いずれにしてもコロナ感染が収まるのは誰も予想ができない状況ですので不安は続きます。

休校が続く中で、更に「学童保育」の休園も伝えられています。

学童保育はいつから休園なのか?いつ頃に再開するのか医療関係者の子供の預け先についてまとめていきます。

 

 

児童育成クラブ(学童保育)はいつから休校!再開はいつ?

 

熊本県内に刊行されている新聞の情報を元に学童保育の休園情報をまとめていきます。

現時点4月5日で熊本県内の学童保育は4月9日から閉鎖されるとありました。

閉鎖後の運営については、以下のとおりです。

・小学3年生までは学校に預けることができる
・医療関係者、介護施設、保育所に勤務する保育者は預けることができる予定
・他の職業についても相談に応じる
・学童保育の再開は未定

以上のことが発表されています。

 

学校が休校になることで幼い子供を預ける場所が少なくなると仕事ができない親御さんも増えていきます。

仕事ができないことで収入も減るし、悪循環が止まりません。

 

学童保育の再開は幼い子供を持つ親なら再開がいつになるのかが気になるところですが、一部の条件を満たしているならば、特例としてお子さんを預けられるようですので、各施設へ確認を取ることをおすすめします。

スポンサーリンク

 

最悪の場合は休校延長が長引く可能性も!

 

コロナウイルスの感染拡大が広まる中で、世界的にはかなりの感染者数と死者数が増えています。

日本でも危機感が日増しに増す中で外出の自粛が広まりつつあります。

 

先日youtubeでアメリカのハーレムに在住する大阪出身の女性が日本の現状があまりにも楽観視しすぎているという警笛を鳴らす動画が注目を集めています。

 

そういう意味で日本もアメリカのように感染者数が増え続けて、経済が麻痺してしまう可能性が十分にあります。

 

日本での感染拡大はまだピークとは言えないので、今後も感染者が増えることが予想される中で、休校延長は今後も続くと予想できます。

 

最悪の場合は今年1年はまともに学校行事が行えないと思ってもいいかもしれません。

そういう意味で、どうにか乗り越える手段を一人ひとりが考えていかなければならない局面にきているとおもいます。

 

 

熊本県の休校延長の情報の補足とまとめ!

 

この記事では熊本県の休校延長がいつ頃までか、学童保育の再開はいつ頃になるのかについてまとめていきました。

現時点での休校の予定は熊本県内の小中高は5月6日まで予定されています。

学童保育も4月9日で閉鎖されると情報がありました。

今後も延長が予想されますが、まずは命を守ることを優先しなければいけませんので、外出の自粛は続きそうです。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です