マスク購入券は新潟でいつから?購入場所や値段と福井県以外はいつから?

福井県が快挙!マスク購入券はすごいアイデア!

 

全国的にも世界的にもコロナウイルスの感染拡大が広まっている中で、マスクが絶対的に足りていません。

 

政府の発表だと一ヶ月に生産できるマスクの枚数を7億枚以上も増産しているのになぜか、私達消費者には届いていません。

 

 

これほどのマスクが足りない状況になるとは想像もできませんでしたが、感染拡大を防ぐためにもマスクは必要不可欠ですよね。

 

 

政府が2枚の布マスクを配布しましたが、あまりにもひどいやり方に国民からは苦情が相次いでいるようですね。

 

・マスクが小さすぎて鼻とアゴが出てしまう

・耳がこすれる

・異物が入っていた

 

なんて苦情が有りましたが、現在主流となっているのは不織布マスクですし、これほど必要だと言われているマスクでも布マスクの信頼性はあまり期待できないと思うのが国民の感情です。

 

 

ただ、そんなマスクが品薄の中で福井県が発表した「マスク購入券」という仕組みは称賛できるアイデアですね。

 

この記事では福井県が実施している「マスク購入券の詳細」や、「新潟県ではいつ頃実施」するのかという予想をしていきたいと思います。

 

気になるのはマスク購入券は全国的に広まるのか?なぜマスクが店頭に並ばないのか?色々疑問もありますが、最大100枚購入できると言われている「マスク購入券」で購入できるマスクの値段や、福井県はどこからマスクを仕入れているのかについても合わせてお伝えしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

福井県が優秀すぎる!マスク購入券は全国でも取り入れるべき

先程の速報でこの情報を知ったのですが、マスク購入券なるものを全国的に初めて取り入れた「福井県」のやり方はかなり頭のいいやり方だと思います。

 

現在コロナウイルスの感染拡大で、マスクが全く手に入らないという方が多いと思います。

 

 

実際政府が発表したマスクの生産枚数と国民が受け取れる需要とを比較しても、全く数が合わない状況で国民はどうしたら感染を防げるのかもわからない状況が続いています。

 

 

ドラックストアに足を運んでも一切在庫がないという状況はいまだに続いていますし、2月のマスク品薄状況からもすぐ3ヶ月が経過しようとしているのに、全く在庫が埋まらない状況で本当にマスクは生産されているのか?

 

 

国が独り占めしているんじゃないかと疑心暗鬼にならざるを得ない感情ですよね。

 

 

そんな中で、福井県が「マスク購入券」という仕組みを作ることで、全世帯でマスクを購入できるやり方を実践していますした。

福井県によると、郵便局を通して各世帯に購入券1枚を発送する。23日に届き始め、30日までには全世帯に配布される予定だそうです。

 

 

およそ30万箱の在庫を全世帯に行き渡るように「ゲンキー」という薬局に集中させてマスクを斡旋購入するというやり方は今まで考えも付きませんでしたよね。

 

 

実際福井県がどこからマスクを仕入れているのかは不明ですが、ドラックストアに並べられたマスクを取り合うというやり方よりも、全世帯に均等にマスクを行き渡らせることができて、しかも適正価格で提供してくれると言うから、かなりすごい発想だと称賛されるでしょうね。

 

 

 

しかし、現在「マスク購入券」をやっている県は福井県のみということで、このアイデアはぜひ他県でも取り入れてほしいものです。

そこで、新潟県でマスク購入券を実施するのはいつ頃になるのかについてまとめていきますね。

 

新潟県はマスク購入券をいつごろ実施するか?予想!

 

福井県で取り入れられた「マスク購入券」はしばらくは話題になりそうです。

こういう取り組みは早く全国的に広まって欲しいものです。

 

政府が2枚の布マスクを無料で配るよりも、有料でもいいからマスクを確実に購入できる仕組みを作ったのは本当にWINWINの関係が成り立つし、これ以上いいアイデアは無いくらい素晴らしいものです。

 

 

新潟県でどのくらい早く実施されるのかは予想できませんが、確実に全国的に広まる方法だと思います。

 

 

マスクの生産個数は十分なくらいに生産をしているので、都道府県がマスクを斡旋購入して一日も早くマスクが手に入る仕組みを作ってくれることで、コロナウイルスの感染も減少してくれることを願いたいですよね。

 

スポンサーリンク

マスク購入券の仕組みや購入できるマスクの枚数と値段は?

 

マスク購入券を福井県が実施しましたが、これはどういう仕組を使っているのかについて気になりました。

今回のマスク購入券は一家庭あたり最大で50枚入りマスク2セットで合計100枚を購入できるような仕組みにしたということになります。

 

適正価格での販売ということで、以前マスクが販売されていた価格を据え置きにする可能性もありますね。
つまり50枚入りで600円前後という予想ですね。

 

指定のドラックストアに行くと購入券と引き換えにマスクを買える権利が優先的になったということですよね。

つまりマスク購入券さえ持っていれば、確実にマスクを買えるということになります。

しかし、福井県は30万箱のマスクを所有しているということですがどこからそのマスクを手に入れたのか疑問がありますが、業者から一括で借り入れている可能性が高いですよね。

 

つまり他の地域でも同じような取り組みは実践可能だということになります。

 

市場に出回っているマスクはあるにはあるのですが、早いものがちで在庫を見つけられた人だけがマスクを購入できて、毎日会社通勤で夜遅く家に帰宅する方は絶対に購入確率が低いわけですから、マスクを手に入れられる人はごく一部の運のいい人だけということになります。

 

 

そのような不平等な仕組みを今回福井県が実施しているマスク購入券というものと、県がマスクを斡旋してしまうということができたからこそ、県民は安心してマスクを購入できるということになります。

 

スポンサーリンク

福井県以外の県が実施する可能性!

 

今回は福井県が実施する初めの県となりましたが、どんどんこのようないい方法は広まって欲しいと思います。

ドラックストアが限定されてしまうことで不平等が発生しそうですが、振り分けてしまえば解消することですので、これはどんどん広がってほしいですね。

 

 

 

マスク購入券が新潟でいつ頃実施するかの情報の補足とまとめ!

 

この記事では、マスク購入券が新潟でいつ頃実施されるのかについてをまとめていきました。

実際、新潟でマスク購入券を配布するという情報は伝えられてはいませんが、絶対にマスクを購入できる仕組みを作った福井県のアイデアは全国的に早く広まって欲しいものです。

いずれにしても適正価格での購入できるということはかなり嬉しいし、マスクが手に入るというだけでも嬉しいですよね。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です