マスク名古屋の緑区や天白区の最新在庫情報は?売り切れはいつまで続く?

名古屋のマスクの在庫情報や最新入荷情報をまとめていきます。

 

全国的にマスクが品薄になっています。

菅官房長官が週に1億枚を生産をしていくと話していましたが、全く緩和されていませんよね。

 

そこで名古屋市の緑区や天白区など周辺の地域での入荷状況や在庫はどのような感じになっているのかをまとめていきますね。

さらに、購入できない場合の手作りマスクや何度も使用できるマスクの情報なども合わせてお伝えしていきますね。

スポンサーリンク

マスク売り切れはいつまで続く?

 

マスクの入荷はいつになったら判定供給してくれるのでしょうか?

全国的にマスクが品薄になっていて、都心部はもちろんですが、地方でも全くマスクを見ることがなくなりました。

 

ドラックストアやコンビニなどでもたまに入荷はしているようですが、箱入りのマスクを最近見たことが有りません。

中国武漢市での感染者数も過去に例を見ないほどの感染数ですが、それ以上に日本での感染者数もどんどん増えている背景を見ると、まだまだマスクが品薄状態は続く可能性が高いですよね。

 

そういう意味でも、マスクが安定的に供給されるのは先になりそうです。

 

現在各都道府県でマスクが品薄が続いていますが、名古屋市ではどのくらいマスクが入荷しているのか?

更に在庫がある店はあるのかをお伝えしていきますね。

 

 

名古屋の緑区や天白区の最新在庫情報は?

 

名古屋市内でもマスクの入荷がかなり制限されていて、入荷されたとしてもかなり少ない数量なので、すぐに売り切れてしまう状況のようですね。

 

緑区や、天白区などでも同じ様に、取り扱い店舗の在庫は常に品切れ状態が続いています。

 

2月の上旬頃からマスクがたりなくなり、徐々に店舗の在庫が完全になくなった店が多くなりました。

コロナウイルスの報道が連日伝えられていますから、日本の方はみんな不安に感じて危機感で普段使用されない方でも大量に購入していることが、慢性的な品薄につながっていると思います。

 

ツイッターでも在庫が無いことに不安を感じている方が多いようですね。

 

なん店舗も足を運んで結局マスクを手に入れられなかったという方も多いです。

ショックが大きいし、感染するかもしれないという恐怖や不安が募りますよね。

 

マスクの生産が24時間体制で生産されているという情報もありましたが、本当に入荷しているのかも疑問に感じますよね。

 

ただ、全く入荷していないというわけではなく、少量ずつでも入荷している店舗もあるようです。

 

在庫があると喜んで商品を手にしてみると「のどぬーるマスク」って普段使用しないようなマスクが販売されていました。

私の住んでいる地域でも、このタイプのマスクが数枚在庫がありました。

 

ただ、上の情報によると通常のマスクが販売されているという目撃があったので、選択肢として頭に入れておくとタイミングが合えば購入できるかもしれませんね。

 

意外と穴場なのは、大学などの生協です。

2月中盤でのこの在庫はかなりの穴場です。

 

 

個数制限はされていますが、30枚入りのマスクは嬉しいですよね。

スポンサーリンク

マスクは気休め?着けないよりまし?

 

先日TVタックルに出演していた話題の岩田健太郎教授が話していたコメントを聞くと、本当はマスクをしてもしなくてもあまり変わらないという情報を話していました。

 

語弊を生まないためにも、補足情報をまとめると、マスクの能力としてはウイルスを完全に防ぐことは難しいと言われています。

 

ただ、感染した人が着用するのは効果的だと言う事でした。

それでも、マスクを着けないという選択肢はほとんどの方は選ばないですよね。

 

感染予防のためにできること!

 

現在感染している日本の方の年齢層を見てみると、高齢の方が平均的に多いです。

疲労や睡眠不足などはできるだけ無いように普段から免疫力を上げることが感染を防ぐことだと言われています。

 

マスクが在庫がない状況はしばらく続きそうですが、使い捨てマスクではなく複数回使用できるマスクを使用してみることや、手作りのマスクを作成してみたり、色々選択肢は残されています。

 

キッチンペーパーでのマスクを作る動画を見たのですが、かなり完成度が高いマスクでした。

 

マスクの着用も必要かもしれませんが、一番大事なのは「手洗い・うがい」をしっかりやることと、手洗いを指定ない状態で、鼻や口の粘膜を触らないようにすることが感染をしない基本的な知識だと言われています。

 

免疫力を高めるには、食事、睡眠、運動は欠かせませんよね。

 

免疫学を学ぶ本のおすすめは安保徹さんの本がおすすめです。

この方の知識はかなり勉強になりますよ。

 

スポンサーリンク

補足情報とまとめ!

 

この記事では、マスクの名古屋市内の在庫や入荷情報をまとめていきました。

 

まだまだ見通しのつかないマスクの供給ですが、日本での感染も広まる可能性が高いですし、マスクが安定的に在庫がある状態はしばらく先になりそうですね。

 

今できることは、手洗いうがいや極力外出を控えるなど適切な対応をしていくことかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です