マスクの裏表や正しいサイズの選び方!子供用と大人用の寸法サイズは何センチ?

マスクの正しいつけ方!あなたは正解ですか?

 

風邪を引いたときや、インフルエンザの流行時期になるとマスクを付ける機会が多くなりますよね。

いまさらと思われるかもしれませんが、マスクを着用する正しい方法は知っていますか?

 

意外にもこだわることが少ないマスクの「正しい使用方法」を復習してみましょう。

 

インフルエンザや新型のウイルスを予防するためにも出来る限り正しいマスクの着用方法を身に着けていきましょう。

スポンサーリンク

マスクの選び方は様々!

 

マスクといえば、世の中に存在している商品は多岐多様に存在しています。

 

私達が思い描く一般的なマスクと言えば、ドラックストアで販売されている「風邪予防」の目的に使用されるマスクです。

 

ちなみにマスクには「ウイルス予防」の他にも「防塵・粉塵」を防ぐマスクや、ガスなど人体に危険が及ぶような場所で作業する型用の特殊なマスクまでかなり種類が多いです。

 

さらに、一般的に風邪予防や、他人に感染させないように使用させるマスクもいろいろな種類がありますよね。

 

その種類を並べてみると

 

 

・ファッション目的

・花粉症対策

・環境汚染対策

・保湿目的

 

 

以上の様に環境や場面などで使用目的が変わり、最近では若い世代に流行しているのは「黒いマスク」が結構街でも見かけますよね。

 

コロナウイルスの影響で、医療期間でも普段あまり手に取ることのない特殊な「M95マスク」もかなり出回っているようですね。

 

ただ、どんなに良質なマスクを手に入れても、基本的なマスクの着用方法を知らなければ無駄になります。

それではマスクの着用方法についてまとめていきますね。

スポンサーリンク

マスクの正しい着用方法と裏表はあるの?

 

マスクと一口に言っても、使用目的や形状はいろいろな種類がありますよね。

ここでは、特殊なマスクの紹介は抜粋させていただきます。

 

一般的に出回っているマスクの形状のタイプとして「プリーツタイプ」「立体型タイプ」の2種類をよく見ますよね。

今回はプリーツタイプのマスク限定で「使用方法」や「つけ方」ウイルスがどの程度防げるのかというマスクの性能などをまとめていきます。

 

まずは、正しいつけ方を説明していきます。

 

一般的に販売されている「プリーツタイプ」のマスクの特徴としては

 

・安価

・風邪を感染させないという目的

・予防効果はそれほど高くない

 

値段が安いので一般的に出回っているマスクの代名詞のような商品です。

インフルエンザや新型コロナウイルスを100%予防することは難しいのですが、自分が感染した場合は他に感染させないような予防効果があります。

 

マスクの表面の通気穴の大きさは5μメートルというかなり小さい穴なのですが、細菌やウイルスの大きさよりもマスクの通気穴の方が50倍も大きいものになっています。

 

一般的なサージカルマスクの設計はそのような穴の構造になっています。

 

・ウイルス:0.02~0.1μm
・細菌:1μm
・花粉:20~40μm

 

ただ、人から感染する場合はくしゃみなど水分を含んだものですので、その分ウイルスの面積が大きくなるために、予防をする目的では効果がありそうですね。

 

 

マスクをつける際の注意点として以下のことを気をつけてください。

 

 

・マスクの上下

・マスクの裏表

・頬に密着するもの

・できるだけ隙間がないサイズを選ぶ

・顎から鼻を覆うようにつける

 

マスクを付けるときに気をつけるポイントを書き出しましたが、「上下」は意外と知られていることですが、裏表を間違っている方も多いかもしれませんね。

 

私自身も最近まで裏表を間違っていました。

マスク部分のひもをよく見ると面に対して付いている部分が表側になります。

 

意外と紐がついている面が裏側だと思っている方が多いですよね。

 

購入するときにもサイズ感はしっかりと選んでください。

それではサイズの選ぶ基準と寸法サイズをまとめていきます。

スポンサーリンク

子供用のサイズの選び方と寸法

 

最近ではお子さんもマスクを着用する機会が増えてきました。

しかし、小さいお子さん「2歳~5歳」くらいまでは子供用として販売しているものでもお子さんの顔の大きさによっては、合わないサイズがありますよね。

 

平均の子ども用のマスクのサイズとしては「9~11cm」のサイズが適当だと言われています。

それ以下のお子さんの顔の大きさの場合はお母さんが手作りでガーゼマスクを作成するのがいいかもしれません。

 

作り方は調べるとたくさん掲載されていますので参考にしてください。

 

大人用のサイズの選び方!男女別

 

子供用のマスクはかなり特殊で小さすぎる場合は手作りで対応する事をおすすめしました。

大人用となると市販で販売されているマスクで対応することが出来ますが、自分の顔のサイズにピッタリのものを選ぶ必要があります。

 

サイズや男女用という種類が分けられているので自分にあったサイズのマスクを選んでください。

先程もお伝えしましたが、サイズを選ぶ際に重要なのは「隙間を作らないマスクを選ぶ」ということです。

 

市販されているマスクのサイズをまとめてみると以下のようなサイズが販売されています。

 

 

小さめサイズ 約145㎜×90㎜

普通サイズ  約165㎜×90㎜

大きめサイズ 約180㎜×90㎜

 

 

私の場合は顔が大きい為大きいサイズを着用しています。

ポイントは頬とマスクの接地面積が少ないことを気をつけることです。

 

それ以外にも鼻の周辺の密着度です。

プリーツタイプのマスクは針金が入っていますのでしっかりと鼻筋を抑えて密着度をあげてください。

 

鼻から顎まですっぽりと密着させることによって本来のマスクの性能が得られますよ。

 

まとめ

 

この記事では、マスクの正しい使い方や、サイズの一覧をまとめていきました。

 

ご自分のサイズにピッタリと合うように以下のことに注意をして選んでくださいね。

 

 

マスクの正しいつけ方

・マスクの上下

・マスクの裏表

・頬に密着するもの

・できるだけ隙間がないサイズを選ぶ

・顎から鼻を覆うようにつける

 

 

マスクの一般的なサイズ

小さめサイズ 約145㎜×90㎜

普通サイズ  約165㎜×90㎜

大きめサイズ 約180㎜×90㎜

 

 

以上のポイントを抑えて、マスクを購入してみてください。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です