織田信長の歴史を簡単にわかりやすく!名言とやったことの要点だけ!

織田信長さんってどんな人?何やった人なのを簡単に!!

 

日本が誇る偉人や伝説的な人物にフォーカスを当てていきたいと思います。

やっぱり日本人に生まれたからには、日本の祖先となる偉人や歴史の重要人物の歴史を学んだほうが良いですね。

 

この記事では織田信長さんのプロフィールと合わせて以下の事をお伝えしていきます。

 

・織田信長さんがやったこと

・織田信長さんの名言集

・織田信長さんの性格はどんな人?

・織田信長さんの妻や子孫はどのくらい?

 

以上の内容でお伝えしていきますね。

スポンサーリンク

織田信長のプロフィール

 

織田信長さんの経歴

 

名前 織田信長(おだのぶなが)
生まれ/没年 天文3年5月12日(1534年6月23日)

天正10年6月2日(1582年6月21日)

異名 戦国大名、天下人、覇王
出身 那古野城(愛知県名古屋市中区)

勝幡城(愛知県愛西市)こちらが有力

年齢 47歳で没する

 

織田信長さんは、現在でもその名を冠したドラマや映画にも登場する日本でも類を見ない歴史上最も知名度の高い武将と言われています。

 

天下を取るために非常に合理的で、無神論者という性格を持っていますが、今の社会で言うところのワンマン社長のような性格だとも言われています。

 

別の視点を持って織田信長さんを見てみると、経営者やビジネス起業家、アスリートにも非常に影響力のある言葉を残しています。

 

残酷な印象がある方ですが、目的のために集中して、必ず達成させるという執念や行動力は真似したいところです。

スポンサーリンク

織田信長のやったことの要点まとめ

 

織田信長さんがどういう事を生涯で成し遂げたのか?

簡単な略歴としてまとめていきますね。

 

歴史上の人物ということもあり、いろいろな諸説がありますが、一般的な解釈としての略歴をまとめます。

 

信長さんがが誕生したのは1534年5月~6月頃と言われています。

尾張守護代織田氏の庶流である弾正忠家の当主・織田信秀と継室・土田御前との間に嫡男として誕生。

 

・1546年(13歳)
元服して三郎信長と名乗ります
元服とは今で言うところのおとなになったという証です。(成人式ともいえますね。)

・1549年(16歳)
濃姫と結婚します、名前を上総介(かずさのすけ)となる。

・1551年(18歳)
父親がなくなったことで織田家を継ぐ

・1557年(24歳)
織田家の当主争いで弟と争いを始める

・1560年(27歳)
有名な戦、桶狭間の戦いで今川義元に勝つ。

・1562年(29歳)
徳川家康と同盟を結ぶ。

1570年(37歳)
姉川の戦いで浅井氏・朝倉氏に勝利する。

1571年(38歳)
比叡山延暦寺を焼き討ちにする。

・1573年(40歳)
室町幕府を滅ぼす。

・1575年(42歳)
長篠の戦いで武田氏に勝利する。

1576年(43歳)
安土城を建設。

・1582年(47歳)
本能寺の変により自害する。

簡単に説明していきましたが、知略のある戦略で同盟を組んだり、機転を利かせた戦で勝利を積み上げてきた織田信長さんのやってきたことはさすがとしか言いようがありません。

 

スポンサーリンク

織田信長の名言集

 

織田信長さんの今でも残る名言を紹介していきます。

以下に紹介する名言以外にもたくさんありますが、私個人が大好きな名言をいくつかまとめていきます。

 

本当にその当時に以下のような名言を話していたのかと思うと、現代でも通じる考え方や男として生きるためのあり方を教えてくれるように思います。

 

下手な読書をするよりも、織田信長さんの名言を噛み締めていくことのほうが価値があると思わせてくれますね。

 

理想を持ち、信念に生きよ。

理想や信念を見失った者は、戦う前から負けているといえよう。

そのような者は廃人と同じだ。

 

 

生まれながらに才能のある者は、

それを頼んで鍛錬を怠る、自惚れる。

しかし、生まれつきの才能がない者は、何とか技術を身につけようと日々努力する。

心構えがまるで違う。これが大事だ。

 

 

必死に生きてこそ、その生涯は光を放つ。

攻撃を一点に集約せよ、無駄な事はするな。

 

特に最後の名言は響きました。

一点に力を集中することによって、普段では考えられない不思議な力が出ますよね。

 

 

織田信長の性格は?悪い人いい人?

 

織田信長さんは世間一般的には残酷で非常な人物という言い伝えがあります。

ただ、味方によっては、関所を取り払うことや、人を招くときに華を添えたりなど、普通では考えられないようなおもてなしができる非常に知性があふれる人物だという逸話もあります。

 

偉人や歴史上の栄華を極めた人物という方は、ある側面から見ると悪役に見えたり、味方を変えることで非常に救われる考え方を持った方であることがわかります。

 

織田信長の奥さんは何人いたの?

 

・正室とは……正妻のことです。正室はこの時代も一人しかいません。

・側室とは……正妻以外の妻というか子孫を残すための公認の妾(めかけ)のことです。

・継室とは……正妻と何らかの形で離縁したり、正室が死去してしまった後に迎えた後妻のことです。

 

 

歴史では9人の妻がいたと言われていますが、詳しいことはまだわかっていない部分が多いです。

そこで織田信長さんの妻がわかっている範囲で以下の人物がいたという事をまとめていきます。

 

  • 正室:鷺山殿(別称:於濃の方、濃姫、帰蝶)(斎藤道三の娘)
  • 側室

 

昔の日本は一夫多妻が普通でした、高貴な存在だからこそ許される行為ではあったのですが、才能のある男性には奥さんがたくさんいて優れた子孫を残すために必死だったようですね。

 

わかりやすい伝記に大奥があります。

 

まとめ

 

この記事では歴史上の人物で人気が高い織田信長さんのことについて簡単にまとめていきました。

 

まだ明らかにされていないことも多いのですが、それでも魅力あふれる方ですね。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です