オイルプリングのやり方や感想は?効果や専用油はあるの?

美容効果が高いオイルリングのやり方!

 

オイルでうがいをするという民間療法があるのですが、美容に感心のある方は気になる内容だと思います。

油でうがいをすると言われてもちょっと抵抗があるかもしれません。

 

この記事では、オイルプリングの油の選び方ややり方などをわかりやすくお伝えしていきます。

更に実際に1ヶ月行った感想や結果的に何が変化したのかをまとめていきますね。

 

スポンサーリンク

オイルプリングとはどんなもの?

 

オイルプリングとは油でうがいをする民間療法として広まっている方法です。

発祥としてはインドでアーユルヴェーダという伝統医学で中国医学、ユナニ医学とともに三代伝統医学として有名です。

 

日本ではモデルや美容意識の高い方が積極的に行っていると言われていますが、日本の医療という観点で見ると正式な科学的なデータも無く、民間医療という味方が強いですね。

 

ただ、伝統的な医学のアーユルヴェーダが長い歴史の中で作ってきたこの方法はぜひ取り入れていきたいものです。

 

正式なやり方はここでは記載しませんが、特に知識がなくても手軽にできるものがオイルプリングですね。

使用するオイルは塗っても飲んでも良い油を使用します。

 

 

アーユルヴェーダでは、一度温めた白ゴマ油を自然に冷ましたものを使用しますが、オイルプリングはオーガニックな植物系オイル(オリーブオイル、ごま油、ココナツオイル、ナッツオイル、アボカドオイルなど)が理想的ですが、個人的にスーパーなどで販売されているごま油が一番良かったです。

 

初心者や初めてオイルプリングをされる場合は油の匂いが無臭のものがおすすめですね。

初めてされる方はヌルヌルしている油でうがいをするのはかなり抵抗を感じるかもしれませんが、私が始めたきっかけは、歯の表面に付着した色素が取れなくて困っていたときにオイルプリングに出会いました。

 

他にもいろいろな効果があるようですので紹介していきますね。

スポンサーリンク

オイルプリングの効果はどういうもの?

 

オイルプリングをされる方は主に美容意識が高い方が多くいらっしゃいます。

更に、体の毒素を排出したいという健康意識が高い方も多く見られますね。

 

オイルプリングをすることで得られると言われている効果を箇条書きにお伝えしていきます。

 

 

毒素排出

・免疫力アップ

唾液の分泌量が増加

口臭除去

顔のリフトアップ

 

 

食事には栄養価の高い成分も入っていますが、過剰に摂取しすぎると害になる成分もあると言われています。

最近ではプチ断食を行う方も増えてきて、1週間に一度断食をして毒素を排出する習慣が体の不調を取り除くものだと考えが広まっているのも事実です。

 

 

オイルプリングも口腔内の毒素を排出して、免疫をあげてくれるというメリットも有るようです。

更に女性には嬉しい、「リフトアップ効果」も期待できます。

 

オイルプリングをすることで唾液量が増えて、虫歯予防にも一役買ってくれるようですね。

更に口臭予防といういい面が多いことでも知られています。

スポンサーリンク

オイルプリングのやり方

 

オイルプリングのやり方をまとめていきます。

 

まず用意するものとして以下のものを準備してください

 

 

・オーガニックの食用油(市販の食用油でもOK)

・グラス

・使用後の油の処分用の新聞紙やちり紙

 

 

やり方は簡単でオイルをお口いっぱいに含みます。

あまり多く含みすぎるとうがい中に飛び出てしまいますので8割程度の油を口に含みます。

 

口の中の油を口腔内に上下、左右と全体をうがいするように20分程度うがいをします。

タイマーを計ってやると良いですね。

 

うがい後は用意した新聞紙や紙に捨てましょう。

環境を考えて排水管には流さないようにすることも重要ですね。

 

最初は10分ほどでもいいですがなれてきたら20分ほどするのが効果的です。

 

オイルプリングをした結果何が変化した?

 

実際にオイルプリングをしてみると最初はかなり頬の筋肉が疲れます。

顔のリフトアップ効果は1週間ほどの実感できるようになります。

 

個人的にオイルプリングを実践した結果としては目に見える効果がありました。

感想には個人差があるようですが、私がオイルプリングを実践するきっかけは以下の問題を解決したかったからです。

 

 

・口臭予防

・歯の表面の色素の除去

・片頭痛の緩和

 

 

効果が実感できたのは実践して2週間ほどが経過したときでした。

気になっていた歯の表面の色素が徐々に薄くなっていきました。

 

ある日を堺に歯に付着していた色素の色が全く気にならなくなりましたので歯の表面に付着する黄ばみなどにも効果があるかもしれないと思います。

 

偏頭痛の緩和としては、正直実感はありませんでした。

それほど気にならない程度で現在も過ごしているので、強い偏頭痛の場合は効果を保証できるものではありませんので医療機関に相談したりすることをおすすめします。

 

口臭は気にならなくなりましたが、比較することが難しいので検証データとしては不明でした。

 

以上の様に歯の黄ばみには効果的だと実証が出来ました。

ホワイトニングという観点ではオイルプリングは有効のようです。

 

まとめ

 

この記事では、オイルプリングという油でうがいをする理由や効果、実際にやった結果などをまとめていきました。

 

民間的に広まったと言われていますが、三代伝統医学の一つとして長い歴史があるアーユルヴェーダが発祥ですので、実践することで何かしらの発見があります。

 

やり方も比較的簡単ですので興味がある方はやってみてくださいね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です