関暁夫のサワニの意味は?ハンドサインやコロナウイルスの裏側を考察!

都市伝説のコロナ企画の反響が大きいです。

 

先日、4月29日に放送された「やりすぎ都市伝説」の反響が大きかったですよね。

 

 

リアルタイムでご覧になった方は少なそうでしたが、録画で視聴した方もそれぞれ、関暁夫さんのコロナウイルスの裏側の話には興味深々ですよね。

 

 

この記事では関暁夫さんのyoutubeなどで語られている「サワニ」の意味やコロナウイルスの裏ではどういうことが行われているのかについて考察していきたいと思います。

 

更に、関さんが動画内で語っていた内容はあまりにも削除される可能性が高いために、分かる人だけわかるような「ハンドサイン」をされていました、そのハンドサインの考察も合わせてお伝えしていきますね。

 

実際この記事で伝えられることにも限界がありますので、あまり期待しないで読んでくださいね。

 

 

スポンサーリンク

関暁夫が動画で言っているサワニの意味やコロナはどうなる?

先日放送されたやりすぎ都市伝説は当時は毎週放送されていた番組で最近では不定期の放送になり、人気企画だった都市伝説だけが放送されています。

 

その中でも特に人気の高い企画が関暁夫さんの都市伝説のコーナーです。

 

当時からキレキレの話口調だった関さんが未確認飛行物体やアメリカの大統領の真相などについて語っていましたが、昔はアメリカもUFOの存在を否定するような返答が多かったのに、最近では記録をしていくという方向になっていて、日本でもそれに見習ってどんどんUFOの目撃情報を発信する流れになってきていますよね。

 

 

明るみになってきている情報もあれば、まだまだ秘匿性の高い情報までたくさんのネタを持っている関暁夫さんは、地上波で語る内容はある程度制限されてしまうのが実情のようですね。

 

 

そういう状況ですから、はっきりと具体的な固有名詞や表現は極力「隠語」で語るしか手立てはなくて、最近の動画でも「サワニ」という言葉をよく使っていました。

 

 

関さんが語る「サワニ」とはコロナウイルスのことです。

今回の都市伝説ではサワニの裏側で世界の覇権を争う人たちがどのような行動にでているのかもちょっとだけ触れていました。

 

 

実名の起業家や、資産家一家の名前が番組内では放送されていましたが、個人的にはそのような人たちは表向きの顔で、もっと裏には牛耳っている方が大勢いらっしゃると思いますが、番組内では制限があるために語られていない部分が多いですね。

 

 

 

実際この記事をネットで書くことも、誰かに観察されているという視点で書いているため、いくつかの制限があるのであまり多くは語ることができないもの事実です。

 

 

サワニの裏側で何が起こっているのか、都市伝説で語られていましたが、これほどの感染拡大で世界中が混乱に落とし込まれている状況は異常としか言いようがありませんよね。

 

 

何かが終わろうとしている、そして何かが始まろうとしているということでしょうか?

 

コロナウイルスはどこから発生した?誰が・・・?

 

 

コロナウイルスの感染拡大が大きくなっている現在では、世界中の発展途上国がその被害に遭っています。

経済は破綻して、今後は失業者も多くなってくると専門家は予想しています。

 

 

これほど医療が進んだ現在で、特効薬となるワクチンも開発に時間がかかり、コロナウイルスの感染で死亡する方も大勢いらっしゃいます。

 

都市伝説の4月29日の放送で、関さんが語っていた内容は、かなり抽象的で具体的な表現を控えた内容だと受け取った方が、多くいらっしゃると思います。

 

コロナウイルスのや今後インフラが整っていく5Gがどれだけ私達の生活に密接に関わってくるのかについて、語られていましたが、今後二極化という単語は、意識して生活をしていくことが重要だと思います。

 

 

関暁夫が常に「アンテナの感度を高くしてください」と言っているのもそういうことだと思います。

 

ここでの問題はコロナウイルスがどこから来たのかということはあまり重要ではないような気がします。

 

結局責任追及や、賠償金などの争いを生むだけのものですから、この状況で意識的に行動できる方は、真逆の視点を持たなければ、今後の新しい世界を生き抜くことはできないのかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

関暁夫がやっているハンドサインの意味とは?

 

二極化の世界を生きるためには、自ら情報を意識的に取っていくことが必要になります。

メディアから一方的に流される情報を垂れ流しで、見ている方は注意が必要になります。

 

 

サブリミナル効果という言葉もあるくらいですから、ボーと情報を受け取ることはあまりにも危険な行為だと思いますね。

 

関暁夫さんがyoutube動画でもやっていた「ハンドサイン」は、そのもの自体を具体的にいうことができないために、あえてわかりにくく、指が何回机を叩いたのか、その回数で見ている人は検索してくださいね。

 

そういう意味が込められています。

 

関さんがyoutubeの「四の音」という動画内でもハンドサインやフィンガーサインをやっていましたが、重要なのはそこではないと個人的には思いますね。

 

大事なのは自ら情報を集めて、自分なりに考察をして、今後どうやって生きるべきかを考える習慣を身に着けなければ誰かに支配されてしまいますよという警笛を鳴らしているように聞こえますね。

 

自宅自粛が長引く中で、私達はどういう生き方が出来るのかを考えるキッカケをもらっているように思います。

 

 

裏では色々と動いているようですけど、一般の私達からすればそのすべてを変えることはできないし、変化に対応して、進化していく道を探さなければいけないように思います。

 

 

その上で基本となるものが個人的にありますので最後にそれをまとめていきます。

 

スポンサーリンク

自主的に考えて行動出来る人が好かれる世界になる!!

 

以前斎藤一人さんのはなしを聞いていて、なるほどと思ったことがありました。

 

この世界は「行動の星」と言われていて、行動して形になったものだけが受け入れられるという世界だと教えてもらいました。

 

つまり、考えるだけでは意味がなくて行動して結果を出していかなければなにも生まれないということになります。

 

そのためにはどのような行動をすればいいのかと疑問に感じる方もいるかも知れませんが、まず基本としては「愛」という感情を持って行動を起こすことが必要だと思います。

 

 

破壊的な考えを持っている人が行動すると、その先に生まれる結果も破壊的な結果に繋がります。

思いやりや、感謝の気持で行動をすることで、その先にはいい結果が生まれます。

 

 

つまり基本となる考えがずれていると、結果も大きくずれてしまうということになりますよね。

最近の世界情勢を見ていると、他人の足を引っ張るような発言や、批判や誹謗中傷のコメントが多く見られますが、これはあまりよろしくない傾向になりますよね。

 

 

このような世界的な問題に直面したときに、人間が試されているように思います。

だからこそ、愛を持って生きることはとても大事になると思いますね。

気づく方もいれば、今まで通り生きる方もいます。

 

 

関連記事

やりすぎ都市伝説の関暁夫のコロナ終息はいつ?イルミナティーカードの予言の内容は?

やりすぎ都市伝説で5G基地局の設置場所は何が多い?マークザッカーバーグの目的は?

 

関暁夫のサワニの意味の情報の補足とまとめ!

 

この記事では、関暁夫さん動画で語られていた、サワニという言葉の意味や、ハンドサインの考察についてまとめていきました。

コロナウイルスの感染拡大で世界的に混乱が続く中での登場に各々が考えさせられるものがあると思います。

誰が持ち込んだのか?とか、誰の責任だとかと考える前に、自分たちに出来ることに着目して行動している人は本当に強い人だと思います。

私も宮沢賢治のような生き方がしたいですね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です