トイレットペーパーの仙台の在庫や入荷はいつ?品切れの理由やデマはなに?

仙台市のトイレットペーパーの在庫情報です。

 

昨日の夕方頃から、ドラックストアなどでトイレットペーパーとティッシュが大量に購入している人を見ました。

 

また、なにか問題でもあって買い占めしている人がいるのかな?とすごく不安になりました。

あまりにも購入する方が多いので、多くのドラックストアやコンビニでは、在庫がない店舗が増えています。

 

この大量に消費されている原因として、あるデマが広まったという情報があります。

まずは仙台市内のトイレットペーパーとティッシュの在庫状況と入荷はいつになるのかをまとめていきます。

 

更に、この状況を引き起こしたデマ情報や正しい情報を合わせてお伝えしていきますね。

トイレットペーパーは今では生活には欠かせないものですからお腹がゆるい方にとってはかなり問題ですよね。

 

スポンサーリンク

トイレットペーパーの仙台の在庫や入荷はいつ?品切れの理由やデマはなに?

この記事でお伝えする内容は?

・なんでトイレットペーパーが品薄?その原因やデマは?

・仙台市のトイレットペーパーの在庫状況や入荷はいつ?

・マスクの生産とトイレットペーパーの関係は?

・誰がこのデマを引き起こしたのか?

以上の内容でお伝えしていきます。

 

トイレットペーパーとティッシュが品薄の原因は?

 

昨日の夕方に会社終わりにビールを買おうとドラックストアに入店すると何やらお客さんがみんなティッシュやトイレットペーパーを片手に会計に行列を作って並んでいました。

 

一瞬オイルショック?なんて事を考えてしまいましたが、トイレットペーパーの陳列棚を見ると想像を絶する光景を目の当たりにしました。

 

陳列棚のいつものトイレットペーパーが全く無いんですよね。
ただビールを買いに来ただけなのに、残り3個あるトイレットペーパーを1個手に持ってしまいました。

 

なんだか訳がわからないのですが、大衆心理とは本当に怖いものだと実感しました。

 

多くの人が購入している姿を見るとまた在庫切れや入荷が滞ると想像している自分がいました。

しかも陳列棚には「お一人様2点まで」という張り紙まで貼り付けられていたのでその緊急性を煽られた方は、つい必要のないトイレットペーパーを購入してしまうんですよね。

 

ただ、家に帰って情報を集めてみると、この大量に消費されている減少はデマの情報が強いようです。

そのデマ情報とは

・マスクの生産が大量にされていて減量がトイレットペーパーと同じもの

・ティッシュもマスクの生産の影響で品薄になっている

・コロナウイルスの感染の拡大で製造者が一斉に休業している

 

など以上のようなデマが広まったことによって、ドラックストアやスーパーなどで大量にトイレットペーパーとティッシュが消費されていました。

この情報はニュースにもなっていて、デマの情報を信じないように生産者側も緊急でコメントを出していました。

ただ、この状況を目の当たりにした人たちは本当にデマだったとしても、なぜか不安を感じて、在庫を持って置かなければ心配だという感情が働いて買い込み需要はしばらく続きそうです。

そこで仙台市のトイレットペーパーの在庫状況や入荷はいつになるのかを次の記事でまとめていきます。

 

スポンサーリンク

仙台のトイレットペーパーの在庫はどこにある?

 

仙台市では、トイレットペーパーやティッシュはどのくらい在庫があるのか、更に入荷はいつ頃になるのかをまずはお伝えしていきたいと思います。

先程の情報によると、東北で初めてとなるコロナウイルスの感染者がでたという最新情報が有りました。

 

マスクが品薄の状態で更に感染者が確認されたということのダブルのショックで市民は混乱しているかもしれません。

更に、トイレットペーパーが大量に消費されて在庫がない状態が発生しています。

 

次々と問題が発生していますが、まずは冷静な判断をしてほしいと思います。

 

実際、トイレットペーパーとティッシュの一時的な在庫がない状態になっていますが、デマ情報によるものですから1週間もすれば安定的に供給されるという生産者側の発表がありましたから、安心していいと思います。

ただ、デマだからと言う情報があっても不安を持っている方は益々増えそうですね。

 

ティッシュやトイレットペーパーが一時的に在庫が無くなっている状況です。

仙台市内でもほとんどのドラックストアで在庫がない状態になりつつあります。

コンビニや、ドラックストア以外でも販売されている場所がありますので多少の在庫はありました。

しかも通常よりも高い値段の高級な商品の在庫も多少ありますので落ち着いて購入を検討してください。

ただ、通販サイトで検索してみるといずれも在庫がない状態になっていました。
本当に集団心理が怖いと実感した瞬間です。

 

マスクの原材料とトイレットペーパーは無関係?

 

マスクの生産で使われる原材料とトイレットペーパーの原材料が同じだと思いこんで、不安から大量に購入する方も増えています。

そういうデマを流す真意は、この騒動に乗じて転売をしようとしている人がいるかも知れませんよね。

 

実際トイレットペーパーを製造している業者の話を聞くと、マスクは「不織布」から製造されていると言われています。

トイレットペーパーの原材料は再生紙(パルプ)から作られているのでこの時点で全く原材料が違うことがわかりますよね。

しかも海外からの輸入に頼っているから中国からの輸入が止まる可能性があるから大量に購入しようと言うデマがあります。

これについても、製造者側の答えとして、日本で生産されているトイレットペーパーの自給率は90%以上を締めているために、ほとんど国内生産だけでトイレットペーパーは賄われています。

これだけの揺るぎない事実が有りながら、デマを信じてしまい購入してしまう心理は本当に恐ろしいものです。

もう一度言いますが、マスクとトイレットペーパーの原材料は全く関係が無くトイレットペーパーやティッシュの在庫は十分にあります。

だから冷静に対処してください。

 

スポンサーリンク

トイレットペーパーやティッシュが入荷するのはいつ頃

 

トイレットペーパーやティッシュが一時的に品薄になっていますが、在庫が満たされるのはいつ頃になるのかということをまとめます。

ニュースの情報を元にまとめますが、およそ1週間もすればいつもどおりの在庫が戻ると言われています。

日本での生産が主になっているトイレットペーパーなどは、国内で生産されてすぐに流通しています。

全国的にも大量に消費されているので少し時間がかかるかもしれませんが、マスクほど流通に時間はかからないと言われています。

益々不安を煽るような情報に踊らされてしまいますが、この記事を読んでいる方だけでも冷静に対処してほしいと思います。

 

仙台のトイレットペーパーの情報の補足とまとめ!

 

この記事では仙台市のトイレットペーパーの入荷状況や在庫がどのくらいなのかについてまとめていきました。

現在はトイレットペーパーやティッシュがほとんど在庫がない状態になっています。

ただ、マスクに比べるとまだ在庫を見ることが出来ます。

一部のSNSのデマが拡散されて不安を煽られましたが、マスクの原材料とトイレットペーパーの材料は全く違うものですし、国内の生産がほとんどなので輸入に頼る必要もありません。

なので心配しないで混乱を招くような行動はしないように、冷静に対処していきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です