「コロナウイルス」東京の保育園や幼稚園の休園は?学童保育はどうなる?

コロナウイルスの影響で保育園や幼稚園は休園になる?

 

2月後半になって、益々日本中のコロナウイルスの感染拡大が心配されている状況です。

猛威を奮っている影響から、北海道を始め全国の小学校・中学校に国が休校要請を出していました。

 

3月といえば卒業式や入学式が控えているのですが、すべての行事やイベントごとが活動自粛が広まる仲親御さんとして心配なのは、幼稚園や保育園まで休園になったらどうしようということですよね。

 

お子さんを預けられないと仕事が出来ないという方も増えるので、これはかなり重要な問題です。

そこでこの記事では、保育園や幼稚園が休園の可能性や国の発表についてまとめていきます。

 

スポンサーリンク

「コロナウイルス」東京の保育園や幼稚園の休園は?学童保育はどうなる?

 

この記事では

・保育園や幼稚園が休園しない理由

・感染したら休園になるはすでに遅い?

・保育士の切実な叫びと現状!

・親は不安だけど感染したら嫌だという矛盾

以上の内容でお伝えしていきます。

 

保育園や幼稚園の休園要請はしないと発表!

 

2月27日に国が発表した情報によると、保育園や幼稚園は休園を要請しないと発表が有りました。

全国の小学校や中学校は休園を要請している背景には感染をこれ以上広めないためだという理由でした。

保育園や幼稚園を休園しない理由としては、働く親の不安を緩和するためだと言われています。

 

今回のコロナウイルスの影響はそればかりにとどまらずに、卒業式や、入学式など受験の合格発表などにも影響が及んでいます。

この状況では、何をしても感染してしまうという不安がつきもので、マスクも品薄が続いていることから、かなり不自由な生活が続きそうです。

 

ここで疑問に思うのは、小学校や中学校は休校しているのに、高校や私立の学校は休校していないと言うものです。

国の見解によると、自分で予防が出来ない年齢の子供には休校して自宅で過ごすという考えらしいのですが、まだ未成年でもある高校生たちも同じ様に休校にしたほうが、感染拡大はもっと抑えられるのではと個人的に思います。

ただ、高校生となると授業料の問題も発生するのでこれらの問題は簡単には決定できないものだということもありますよね。

いずれにしても、この状況はかなり危険な状況ということに変わりはありません。

国が幼稚園や保育園に休園の要請はしていないのですが、休園になる可能性は十分にあります。

 

休園になる可能性は十分にある!

 

いくら国が幼稚園と保育園に休園要請をしていなくても、可能性としては休園することもあります。
その休園理由としては、保育士や預けた子供に感染が確認されたときです。

 

感染が拡大している状況で十分にありえる話です。

 

更に、国が要請していないというだけで、強制力は全く有りませんので、保育園や幼稚園の経営者がこれは危険だと判断した場合は、休園になる可能性は十分にあります。

預ける親御さんたちは、大変かもしれませんが、働く保育士側も大変さは代わり有りません。

感染がどのくらい拡大するのかも予想できない中で、国としては第2第3の案を早急に出していく必要もありますし地域の学童保育以外の子供を預けられる対応も早急に必要になってきますね。

 

スポンサーリンク

休園を望む保育士と子供を預けたい親の問題

 

休園を望まない親御さんの思いもありますが、その反面休園を望む保育士側の意見も切実なものがあります。

 

すべての親御さんがそうだと言うわけでは有りませんが、あまりにもひどい現状を知ると、早めに休園をしてあげたほうが保育園側も拡大を広めないことになりそうだと思います。

 

特に小さなお子さんを預かるというストレスが掛かる職業柄と、問題を起こしたらバッシングされてしまうという恐怖の板挟み、更に働く環境の悪さと給与の少なさはあまりにも悲惨な現状です。

 

実際保育士として働く方は少なくなる一方です。

 

爆発的な拡大を止めるためにもある程度、自粛する保育園や幼稚園があることも働く人達を守るためにも大事なことかもしれないとコメントが有りました。

 

ごく一部のコメントですが、保育士として働く中で壮絶な環境を話してくれている方もいます。

 

この方の発言は、保育士が感染しているという現状を指摘しています。
お子さんを預ける保育士の感染が確認されている今、安易にお子さんを預けても良いものかと疑問を持つことも重要だと話しています。

 

スポンサーリンク

保育園や幼稚園の休園に関する情報の補足とまとめ!

 

この記事では、保育園や幼稚園の休園の可能性や学童保育などもあるのか?ということについてまとめていきました。

現在の状況としては国は休園を要請していないのですが、感染拡大次第では、休園も有りえます。

保育士さんや経営側も現段階ではどうして良いのかわからない状況と、国も働く親御さんのことを中心に考えているようです。

ただ、多角的に全体的に見ると保育士として働く方も大きなリスクを背負っていることを知ってほしいと思います。

難しい問題ですが、この状態が早く落ち着いてほしいと願うばかりです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です