東京都のパチンコ店の営業開始はいつ?ダイナムやマルハンの休業期間はいつまで?

コロナの影響で都内のパチンコ店が全滅?

 

緊急事態宣言が発令されてもうすぐ一週間が過ぎようとしています。

 

東京都内の商業施設などが営業自粛に追い込まれたことで都内の街は閑散としています。

居酒屋やライブハウスなど生きていくためには重要ではないけど大事な場所がどんどん失われつつあります。

 

コロナ感染拡大で自宅ですごく方が多く、毎日息の詰まるような日々でストレスが溜まる一方ですよね。

日本人の娯楽としてファンも多いパチンコ業界も緊急事態宣言の影響をもろに受けています。

 

4月7日に発令された緊急事態宣言を受けて、ほとんどの都内のパチンコ店が4月8日から営業自粛をしていますが、いつになったらこの自粛は解除されるのかについてまとめていきます。

 

更にダイナムやマルハンの休業期間は最低でどのくらいの期間の自粛になるのかについても合わせてお伝えしていきます。

 

 

スポンサーリンク

東京都のパチンコ店の営業開始はいつ?ダイナムやマルハンの休業期間はいつまで?

この記事でお伝えする内容は?

 

・東京都内のパチンコ店の営業自粛はいつまで・

・ダイナムやマルハンの休業期間は?

・都内で営業している店舗はどこ?

・最低5月6日までは営業できない?

 

以上の内容でお伝えしていきます。

 

 

緊急事態宣言で都内のパチンコ店が営業自粛!

 

4月7日に政府が発表した緊急事態宣言の影響で、東京都内や発令された7都府県はほとんど商業施設が自粛に追い込まれてしまいました。

 

当初は美容院やコンビニ、老人福祉施設のデイサービスなどが候補にあげられていましたが、いずれも生活に欠かせない重要なものだということで感染に注意して営業するようにと言う事になりました。

 

 

しかし、ネットカフェなど生活に密接に関係している方が多い商業施設などではかなりダメージを受けている方も存在していますよね。

 

 

東京都内を始め7都府県に発令された緊急事態宣言でどれほどの効果が上がるのかは不明ですが、その前に経済が破綻してしまうことの方がかなり危機感を感じてしまいますよね。

 

しかも、毎日自宅待機でストレスが溜まることで家庭内でのトラブルも予想されますよね。

 

イタリアでは家庭内暴力が多発していると言われていますのでただ自宅にいるだけというのもあまりいいものではないと思いますが、どうしていいのかわからないのが実情ですよね。

 

日本には昔からあるパチンコという娯楽がありますが、はけ口の場所がなくなることで多くの方が近隣のパチンコ店に出入りしているという情報もあるくらいですから、感染拡大が広まる危険性もありますね。

東京都内でもパチンコ店は軒並み自粛していますが、この自粛はいつまで続くのかをまとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

都内のパチンコ店で休業していない店舗は?

 

東京都内のパチンコ店は大手のチェーン店をはじめ、ほとんどの店舗が営業自粛をしているようです。

ざっと調べてみても、東京都内のパチンコ店は軒並み営業をしていないようですね。

 

すべての店舗の営業自粛の情報を把握することは難しいのですが、都内にあるパチンコ店名を検索をしてみるとほとんどの公式サイトで臨時休業という文章が目立ちます。

ほぼ東京都内のパチンコ店は休業しているのですが、近隣の県ではどのような状況なのか気になりました。

 

 

 

千葉県では東京都から近いということでほぼ全店舗が営業自粛をしていました。

埼玉県のパチンコ店は、一部の店舗が時短営業をしているようですね。

 

 

 

こういう情報を聞くと都内のお客さんが埼玉県までパチンコをするために移動しているとはなしを聞きますが、感染拡大が予想される中での移動は控えたほうがいいですね。

大手のチェーン手はいつ頃まで営業自粛をするのかも気になるところです。

 

ダイナムやマルハンの休業期間はいつまで?

 

大手のパチンコ店は緊急事態宣言が発令したことでの反応はそれぞれ違った反応がありました。

 

ダイナムは感染拡大を防ぐためにすぐに営業自粛に踏み出しました、同じく大手のダイナムは7日の段階では営業自粛を判断することが難しかったようです。

 

感染拡大もできないけど、なによりも収入が減ってしまうし、従業員のことも考えなければいけないという苦渋の決断だったようですね。

 

実際4月8日からマルハンも営業自粛をしているのですが、5月6日までの営業自粛は本当に落ち着くのか不安ですよね。

スポンサーリンク

5月6日の何時から営業再開?自粛延長の可能性も!

 

政府の見解では1ヶ月間の自粛要請をすることで、爆発的な感染拡大が防げることが予想されています。

新型のウイルスということもあって、いつまで感染拡大が続くのか?どのくらいの期間で終息するのかも誰も予想できないしわからないことに違いは有りません。

 

実際のところ緊急事態宣言が解除されるのは5月6日だと言われていますが、あくまでのコロナウイルスの感染拡大がその頃に落ち着いていればの話ですから、状況が変わらなければ、自粛も延長するという決断を下すでしょうね。

 

そうなると、更に経済的に危険な状態に入っていきますので、パチンコ業界も廃業に追い込まれる店舗も多くなるのかなと予想できますね。

 

大手のパチンコ店であれば、それなりの資金もあることなので、なんとか生き残れるのですが、地域の店舗でしたら確実に廃業に追い込まれそうです。

今現在は動きが無くても半年後1年後は倒産するパチンコ店が増えそうです。

 

 

東京都内のパチンコ店の営業開始の情報の補足とまとめ!

 

この記事では、東京都内のパチンコ店の自粛はいつまで続くのかについてまとめていきました。

ほぼ東京都内のパチンコ店は自粛している店舗が多く、更に近隣の千葉なども同じく自粛していて、埼玉県では一部の店舗は時短営業をしているようです。

5月6日までの期間でどのくらい感染者数が減少しているのかはわかりませんが、いずれにしても営業開始時期は今の段階では予想もできませんね。

もしかしたら自粛延長も考えられますね。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です