東京都知事のコロナ会見で不規則発言をした記者の名前は?質問内容と小池都政の隠蔽は?

東京都知事のコロナ会見で記者が暴走?

 

先程小池東京都知事の新型コロナウイルスに関する外出制限などに関する記者会見が開かれました。

 

この会見では、主に東京都内に在住の方向けに「不要不急の外出」を控えるようにするために会見が開かれました。

このような会見を開くことはかなり異例の事態で、爆発的感染をさせないために重要な局面だということがわかります。

 

東京都の重要な局面での会見の終盤である質問がちょっとした話題になっていました。

ある記者が不規則発言をして、会場が不穏な空気になった場面がありましたね。

 

なぜ会見が終了したタイミングでそのような不規則発言をしたのか疑問に感じる方も多いはずです。

この記事では東京都知事のコロナ会見で不規則発言をした記者の名前や質問内容をまとめていきたいと思います。

 

最近このようなタイプの記者が増えているので、もしかしたら売名行為目的での不規則発言かもしれないという検証もしていきますね。

 

 

スポンサーリンク

東京都知事のコロナ会見で不規則発言をした記者の名前は?質問内容とやらせで売名目的?

 

この記事でお伝えする内容をざっくりと

 

・東京都知事のコロナ会見での不規則発言とは?

・何故会見が終了したのに発言をした?質問内容は?

・最近この手のタイプの記者が多い!売名行為の可能性は?

 

以上の内容でお伝えしていきますね。

 

 

ルールを守らない記者?それとも正義感のある記者?

 

つい先程東京都知事の緊急記者会見が開かれました。

その会見では、東京都の住民がコロナの感染拡大を防ぐために、外出規制など重要な事を小池都知事が会見を開いていました。

 

およそ30分程度の会見でしたが、一方的な会見ではなく記者を交えての会見ということで集まった記者たちに対しての質疑応答をしていましたね。

 

記者の気になるポイントとしては「緊急時の対応」や「規制方法」などこれまでコロナウイルス対策としてやってきたことを改めて注意勧告をしていたという印象がありましたね。

 

会見も終盤になりこのまま終わるのかなと思った矢先に起きたあの記者の不規則発言が結構印象に残りました。

どういう意味であのような発言をしていたのかは不明ですが、最近ルールを守らない記者というのが目立ちますよね。

 

記憶に新しいところで言えば、宮迫博之さんと田村亮さんのよしもと闇営業問題での記者会見での一コマです。

紳士的に質問に対して答えていた宮迫博之さんに対してある記者が「今は何色?」という質問をした場所をわきまえない失礼な質問はかなり避難が殺到していましたね。

 

失礼記者の発言を「アッコにおまかせ」でも取り上げられていて和田アキ子さんもブチギレしていました。

このように周りの空気を一瞬にしてぶち壊してしまう、失礼な質問をする記者も本当に目立ってきていますよね。

 

 

今回のコロナ会見では、個人的にも違和感を感じたのですが、質問時間が限られているためにもっとたくさん質問をしたいという理由で会見が終了してからも突っ込んで質問をしていたという捉え方もできますね。

 

まずはその場面を見てみましょう。

以上のように会見の司会の方から「不規則発言をやめてください」という支持が何度かあったのにも関わらず、都知事が会場を出ていくまでひたすら質問を繰り返していました。

ほとんど聞き取れない質問内容でしたが、東京都の隠蔽を指摘しているようにも聞き取れます。

質問があるのなら時間内に質問をすればいいのにと感じましたが、どこの記者なのかも気になるところです。

 

 

スポンサーリンク

東京都知事のコロナ会見の不規則発言者は誰?

 

都知事の会見の最後で怒涛のように質問を浴びせていた記者は誰なのか気になります。

ネットでは「横田一」という人物が記者だという情報もありました。

実際のところは記者が誰なのかは限定することはできませんでしたが、よほど都知事のやり方が気に食わない方なのか、結構この方の名前はネット上に転がっていました。

 

 

会見の最後に都知事に対してたくさんの質問を投げかけていた記者が何に対して質問をしたかったのか最初はわかりませんでしたが、質問内容をよくきいてみると都知事が何かを隠蔽しているのではという疑いの内容でした。

司会の方の発言と被っていたので、よく聞き取れませんが過去に隠蔽疑惑があったということはSNSなどでもちょっとした話題になっていました。

 

この方のツイートを見るともう少し早い段階での会見が望まれていたようですね。

 

そういう意味でも満を持しての会見だったのですが、情報に詳しい方からすれば明らかに横文字だらけで意味がわからないという表現をされているという感想だったようです。

 

しかも、もっと重大な事実を隠しているのではという疑念が湧いている方も多いようです。

 

そういう意味でも、会見の終盤で「不規則発言」をした記者は真実が知りたくて質問をしていたのかもしれません。

そこで、不規則発言をした記者が質問をした内容をまとめていきますね。

 

 

不規則発言の質問内容は?

 

今回の都知事の記者会見の終盤で不規則発言をした記者についてまとめていきましたが、この記者が質問した内容が聞き取れませんでした。

もしかしたら今後の都政の重大なことに関わることをや確信をついた質問内容だったのかもしれないと思う方もいて、「あの質問は何をきいたのか?」と知りたい方も多いようです。

私が聞き取れたのは

 

・毎日新聞に圧力をかけているのでは?

・地名を公開しないのはなぜ?

・中野区に隠蔽要請をしているのでは?

・DOCOMOは五輪のスポンサーだから公開しないのか?

 

以上の内容がかろうじて聞き取れました。

詳しいことはわかりませんが、東京都知事は何かを隠蔽しているという情報もあるようですが、質問をした記者はそれが何なのかを質問をしている様子が会見の終盤で行われました。

 

スポンサーリンク

なぜ会見が終わったのに執拗に質問を?売名目的?

 

今回の都知事の記者会見が行われたのは、爆発的に感染者が増えないための対策を都民に知ってもらうための目的だと言われています。

会見の終盤では一部の記者が小池都知事に対して、まだ聞きたいことが山ほどあるような印象を受けましたね。

 

記者が複数集まる今回の会見の最後になって、質問を繰り返していた記者はなぜ司会の静止も聞かずに、次々と質問をしたのか?

 

 

もしかしたら売名行為のためにわざと目立つような会見の最後に質問を繰り返していたのか?

 

それとも、都政の疑問を深く追求したいという正義感の現れなのか?

これは見ている方が各々感じる気持ちだと思います。

 

 

どういう理由であのような質問をしたのかはわかりませんが、ちょっと異様な雰囲気になってしまいました。

個人的には炎上目的ということはなくて、純粋に記者が聞きたい事を質問しているという印象がありましたね。

都民のためには都知事は質問に答える義務があると思います。

 

 

そういう意味では、今回の不規則発言をした記者はかなり正義感の強い方かもしれませんね。

 

東京都知事のコロナ会見の不規則発言の情報の補足とまとめ!

 

この記事では、東京都知事のコロナ会見の終盤で記者が不規則発言をしたことに対して記者は誰なのか?
そしてどういう質問内容だったのかについてまとめていきました。

質問内容は個人的には理解が難しい内容ばかりでした。

都政がなにかを隠蔽しているのではないかという疑問を不規則発言をした記者は問いただしたかったのかもしれないと感じましたね。

コロナウイルスの影響は今後もっと大きくなる可能性が高いですね。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です