ユースビオの代表の名前は?会社の場所はどこで何の会社?

アベノマスクの業者5社の内の1社が怪しすぎる!

 

政府が布マスク2枚を国民に配布することが決まり、一部配布が始まった矢先のことでした。

カビがついたマスクや、ゴミのついたマスクが出回ったことで回収となったまでは良かったのですが、問題のマスクの出どころを調べるうちに、これまで公表された納入先3社以外にも2社の名前が公表されました。

 

 

カビの生えたマスクはどこで製造されたものなのか?品質管理は行き届いていたのか?一連の不安がありますが、一番しっくりこないのが「ユースビオ」という会社です。

 

世間の憶測では「政府との癒着がある?」「利権が絡んでいる」「安倍首相のお友達?」等色々な憶測が広まっていますが、「興和」「伊藤忠商事」「マツオカコーポレーション」とこれまで実名を上げてきたのに、なぜユースビオだけ実名公表をためらっていたのか?

 

疑惑の目が一気に注がれています。

 

この記事では、ユースビオの会社の場所や代表の名前などをまとめていきます。

更に、株式会社ユースビオとはどういう会社なのか?何をしている会社なのかを合わせてお伝えしていきますね。

 

私達の税金を使われる大事な問題ですから、しっかりと追求してほしいものです。

 

 

スポンサーリンク

ユースビオの代表の名前や会社の場所はどこ?

 

政府が4つ目の業者の名前を非公開にしていたのですが、4月27日に会社名を公表しました。

 

株式会社ユースビオという名前ですが、今まで聞いたことのない会社名に「どんな会社なのか?」「何を作っている会社なのか?」という国民の疑問も高まっているようです。

 

 

政府が税金を投じて布マスクを企業から買取私達に配布するわけですから、税金がどんな会社に使われたのかは国民の一番の関心事ですよね。

 

 

最初から会社名を公表していれば今回のような騒ぎになることは無いと思いますが、それにしても、ユースビオという会社はちょっと掴みどころが無いという印象がありますね。

 

ネット上ではユースビオの社長や会社の所在地などが特定されていました。

現段階でのネットの情報をまとめていきますね。

 

 

樋山茂さんという方の名前が上がっているようですが、不明な点が多いです。

一昨年脱税で摘発?という情報もありますが、本当なら問題になりそうですね。

 

 

ユースビオという会社は実在が無いペーパーカンパニーという噂もあるくらいですが、一体何をしている会社なのかはっきりしない部分がありますね。

 

ユースビオという会社のやっていることや社員は何人いるのかもネット上では情報が出ているようですね。

 

ユースビオは何の会社?何を作っているの?

 

ユースビオという会社の正体が徐々に明るみになってきているようです。

 

先程の速報情報によるとユースビオという会社は信用調査会社などによると、「バイオマス発電向けの木製ペレット」の輸入会社で2017年8月に設立され高い者のようです。

 

従業員は5人で非常に小規模な会社です。

 

 

この会社がマスクを生産しているわけではなく、ベトナムから輸入したマスクで受注額は1枚135円だという情報もあります。

 

 

ユーズビオの社長によるとベトナムでの製造したマスクにはカビの生えているものやゴミが混入したものは考えられないという発言もある通り、品質的には問題が無いという情報もありますね。

 

どこで作られたマスクがカビやゴミが付着していたのかの真相はまだわかっていません。

 

それにしても他の業者はマスク製造に関わるような大きな企業ですがユーズビオという会社はお世辞にも大きい会社という印象はありません。

 

輸入を専門でされている会社というには設立して3年という年数も少し引っかかる点でもありますね。

 

もっと他に依頼する企業はなかったのかなと疑問を覚えますね。

ユーズビオという会社は知れば知るほど不思議な会社に思えてしまいます。

 

 

スポンサーリンク

ユースビオの法人番号や建物の外観が普通じゃない!

 

ネット上ではユースビオの会社の外見の画像がかなり物議になっています。

外観がプレハブのような建物で、なぜか公明党のポスターが貼られているという外見です。

社名は表記されていないし、この会社の中には3つの会社が併設されているという情報もあります。

 

ユースビオという会社の実在がいまだにはっきりしないまま、世間の反応は誰もが不信感を抱くのは否めませんね。

私もどういう経緯でこの会社を政府が選んだのか?その基準は何だったのか?疑問しか残りません。

 

スポンサーリンク

ユースビオに世間の反応は?

 

突然出現したような会社名に戸惑う方も多いと思いますね。

実際何をしている会社なのか一言で説明できない会社で、今まで実名で公表できなかった部分は国民にどういう説明ができるんでしょうか?

不信感を感じますね。

 

 

 

 

会社は規模の大きさで判断できないですけど、過去に何をやってきたのか明確な会社名とその比較対象をすると必然的に疑いの目を向けてしまうのは誰でも普通の感情だと思います。

 

色々と不信感がありますが、はっきりとした質問に対する答えを政府は言わないと国民にあらぬ妄想を抱かせる結果になりますね。

 

 

ユースビオの情報の補足とまとめ!

 

この記事では、ユースビオという会社ついてまとめていきました。

情報は徐々に明らかになっているようですけど、知れば知るほど意味がわからない会社の中身に戸惑いを感じる国民が多いと思います。

実際税金が使われているわけですから、はっきりとした説明を国側はしなければなりませんよね。

なぜ政府は会社名を公表しなかったのか?それが一番引っかかります。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です