重曹の消臭効果の期間はどのくらい?靴に入れる分量や使い方は?

コスパの高い靴の消臭剤の作り方!

 

冬の時期はブーツや靴が蒸れてイヤーな匂いを発します。

靴の中は雑菌が繁殖すると匂いがでてきます。

 

彼氏や彼女のお家へ遊びに行く時に靴が臭いと嫌われてしまいます。

友人との飲み会で掘りごたつの居酒屋なんかはちょっと足を入れたくないという方もいるかも知れませんね。

 

そこで、この時期に気になる靴の匂いをコスパ重視の重曹で劇的に匂いを消すための消臭剤の作り方をまとめていきたいと思います。

 

更に、安くて手軽に作れる消臭剤の作り方をご紹介していきますね。

スポンサーリンク

重曹が掃除に活用される大きな理由

 

重曹は手軽に使うことが出来る万能剤として有名ですね。

 

最近ではテレビ番組での掃除企画で注目を浴びて、掃除に使用する方もかなり多くなりました。

 

ただ、重曹の成分をよくわからないという方も多いのではないでしょうか?

重曹は正式名称を「炭酸水素ナトリウム」といいます。

 

成分としては弱アルカリ性の物質で、もともと人体にもある成分を使用しているために、入浴剤や、ふくらし粉、山菜のアク抜きなどに使用されることで有名ですよね。

 

個人的には食用目的の重曹だけかと思っていましたが、実は「薬用・工業用・食用」というように用途が3つあるんですよね。

 

ホームセンター等に販売されているものは、食用の商品が主に販売されていますよね。

掃除にも使用することも出来て、ふくらし粉としてお菓子作りの材料としても活用されます。

 

もともとはアメリカで重曹が掃除用具として使用されていることが始まりで、特にここ5年位で日本でも重曹を使った掃除のやり方がかなり浸透していますよね。

 

そういう意味でも重曹は結構万能な掃除に必要な洗剤という扱いが定着いていますよね。

 

個人的には便秘をしたときに重曹を入れて飲んだり、鍋の焦げ付きに重曹を使用したりしますね。

 

これほど重曹が洗剤として活用されるとは思いもしませんでしたが、重曹はそもそもどういう汚れに適しているものなのか次にまとめていきますね。

スポンサーリンク

重曹の成分やどんな汚れに最適なのか?

 

重曹の使用目的は「アク抜き」や「鍋の焦げを浮かせる」など料理に関することが使用目的と思っている方も多いと思います。

 

ただ、最近の重曹の洗剤としての活用法が浸透していますが、実際どのような汚れに適しているのか、わからないことが多いと思います。

 

ですので、重曹がどういう成分で得意分野の汚れや活用法がどのくらいあるのかをまとめていきます。

 

重曹の特徴は大きく分けて3つあります。

 

 

重曹の3つの特徴

・弱アルカリ性

・水に溶けにくい

・発泡性がある

 

 

それでは以上の特徴を一つずつ説明していきますね。

 

弱アルカリ性とは

物質を水溶液にしたときに大きく分けて3つ状態がありますよね。

それは「酸性・中性・アルカリ性」と言われるものです。

 

アルカリ性と言ってもその強さは強いものと弱いものがあります。

今回の重曹も強さの度合いとしては中性のややアルカリ性よりという様に、人体にはかなり優しい成分になっています。

 

弱アルカリ性とも言われていて、酸性の汚れや匂いに効果があると言われています。

つまり、人間の汗や皮脂などの汚れは酸性の匂いと汚れになるので適しているわけですね。

ただ、成分が弱アルカリ性なのでしつこい油汚れは苦手分野です。

 

次の重曹の特徴「水に溶けにくい」は

洗剤として重曹を活用する場合は水に溶けにくいという特徴から、研磨剤として使用する方も多いようですね。

できるだけ洗剤として活用する場合は水に流せる場所で使用することをおすすめします。

 

次に発泡性があるという特徴について

 

重曹は温めることで二酸化炭素が発生して、アルカリ性が強まります。

この性質を利用すると頑固な汚れや焦げ付きが浮きやすくなりますし、油汚れも落ちやすくなります。

 

以上の様に重曹には3つの特徴があります。

更に重曹の活用方法として消臭剤としても使用することが出来ます。

 

冬の時期には特に気になる靴の匂いですが、実は匂いのもとになるのは足の裏からでた、汗が雑菌を作り雑菌の匂いが嫌な匂いとして発生しています。

 

決して足が臭いわけではなく、雑菌を放置していることでその、匂いが足にも付着してしまうということですよね。

そこでオールシーズン使うことが出来る消臭剤の作り方をまとめていきますね。

スポンサーリンク

靴の消臭剤の作り方と交換時期は?

 

ここで紹介する靴の消臭剤は「スプレータイプ」と「置型タイプ」の二種類の作り方を紹介していきますね。

 

重曹がなぜ消臭作用があるのかと言うと

 

靴の消臭になぜ重曹が効果的?

皮脂汚れを中和してくれる

重曹は皮脂汚れなど油分を含んだ汚れに効果があると先程説明したとおり、弱アルカリ性は酸性の汚れや匂いに強いと言われています。

更に靴の匂いの原因は皮脂汚れもあるので効果はてきめんです。

 

菌の繁殖を抑える効果もある

重曹には雑菌の繁殖を防ぐ効果もあるようです。

雑菌が増える原因として皮脂汚れなどが餌になるのでその原因を中和してくれて、更に雑菌も抑えることが出来るので靴の消臭効果があるということになります。

 

そういう理由から靴の消臭剤としてはかなりおすすめで、コスパ的にもかなり高い物となっています。

市販で購入できる「○ァブ○ーズ」などは今後、もしかしたら買わなくてもいいくらい効果的かもしれませんね。

 

 

それではスプレータイプの重曹で作る靴の消臭剤の作り方を紹介します。

 

スプレータイプの消臭剤の作り方

 

必要なもの

・空のスプレーボトル

・重曹

 

スプレータイプの消臭剤の分量

重曹水の作り方

空のスプレーボトルに「重曹小さじ2杯と水200ml」を入れる。

 

重曹は水に溶けにくい性質なので、スプレーする前には必ず良く振ってから使用してください。

靴の履き口に吹きかけて使用しましょう。

 

簡単に作れるし効果も抜群です。

できるだけ早めに使い切るようにしましょう。

 

次に置型の消臭剤の作り方です。

 

 

置型の消臭剤の作り方

・足の親指分くらいの分量

・お茶パックやガーゼタイプの粉がもれない袋に入れる

 

 

以上のものを作って、靴の中に入れておくことで勝手に消臭してくれる便利で簡単に作れる消臭剤です。

下駄箱の中に入れるときは、瓶に入れて蓋をしないで置いておくと更に効果的です。

 

重曹の消臭効果はどのくらい

およそ1ヶ月くらい経過したら交換するようにしてください。

目安としては重曹が少し濁った色になったときや、パックに入れた重曹が固まってきたら交換時期です。

 

 

重曹はいろんな掃除に活用できる!

 

重曹は単なるアク抜きにとどまらず、掃除用具としても重宝できる便利なものです。

以上に紹介した洗剤としての使い方の他には、ワンちゃんのドライシャンプーや、換気扇の掃除など、多岐に渡る活用法がありますので、知識として知っておくことで、コストをかけずに、生活のあらゆる場面で効果を発揮してくれるものです。

 

美容効果もあるようで、歯磨き粉としても活用される方もいらっしゃるようです。

 

ただ、弱アルカリ性ですので、お肌の弱い方は掃除をするときには手袋を使用するなど、自分の肌との相性も検討してみてくださいね。

 

まとめ

 

この記事では、重曹の消臭剤としての使用方法をまとめていきました。

 

・靴の消臭効果がある

・湿気を吸収してくれる

 

以上のような使用法の他にも、洗剤として多くの場所に効果的です。

ぜひ今日から重曹ライフをしてみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です